【ネタバレ・あらすじ・視聴率】「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(Season4)」第1話から最終回まで

絶対零度シーズン4

▼【第1話から最終回まで】「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(Season4)」
見逃し無料視聴の詳細はコチラ

【各話・徹底考察】「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(Season4)」

第1話 殺人を未然に止めろ!!大乱闘の豪華客船への潜入は新たな捜査の始まり

2020年01月06日月曜放送
視聴率:10.6%

昔はドラマの王様のようなポジションだった月9。
ミステリーか医療ドラマ化をシリーズでローテーション。
すっかりフジテレビの中のテレ朝ドラマ化している月9。
この絶対零度を皮切りに、どんどんいままでやったドラマをシリーズ化?
そんなことも予想してしまう「絶対零度?未然犯罪潜入捜査?」シーズン2はどんな展開になるのでしょう?

感想

いきなりショッキングなシーンからのスタート。
伊沢が銃を持って返り血を浴びている姿。
そして女性の遺体。
いったいなにがあったのか。
謎が置き去りのまま本編スタート。

豪華客船の中でアクション。
で新しい捜査本部。
だんだん、刑事ドラマというよりもスパイアクション味付けになってきました。

小田切唯演じる本田翼さんもいつものドラマよりもかなり自由なキャラクターをのりのりでやっている感じでいいです。
しかし、グループセラピーの部分では性犯罪の被害にあった過去が……
ドSキャラとのギャップがますます魅力が深まります。

そしてそのグループセラピーのメンバーの中には篠田浩輝が登場しました。
高杉真宙さんが登場。
相関図にはスポーツカメラマンとあります。
小田切と関係が深まってくるんでしょうかね。
またグループセラピーに参加しているということは、過去になにか辛いことがあったようです。
それは一体何か?
仮面ライダー鎧武に出演していた時とは随分、縦に伸びて、かっこよく大人っぽくなりました。
本田翼さんと恋愛モードになってもおかしくないですね。

山内が警務部人事課に所属しながら、ミハンに出向扱いになっている理由が分かりました。伊沢が殺された妻子の復讐の監視。
そして、もし実行に移したら伊沢の射殺を命じられています。
のっけからドキドキの展開。

まさかの親子共演
柄本明さんと柄本時生さんの共演です。
親子が入れ替わるようにして新メンバーとして加入。
珍しいケースでしょう。

その柄本さんが風俗経営者になりすまして、潜入捜査。
なかなか刑事ドラマでその年齢だと定年しているはずなので、捜査官になるのは珍しいですね。

新加入の森永悠希さん演じる吉岡拓海。
演技に妙にこだわりがあって、天才子役だったとは!
名前が吉岡というのは吉岡秀隆さんから?
ちなみに森永悠希さん自体も子役出身で、若干23才ながら芸歴は20年近いのです。
まさに適役です。

ミハン統括責任者として登場した香坂朱里を演じるのは水野美紀さんでした。
水野さんで刑事ドラマと言えば、踊る大捜査線の柏木雪乃です。
雪乃は当初被害者から警察に入ったので、大人しいイメージでしたが、実は水野さんはアクション志向でした。
今回の香坂役は格闘術もバッチリで本領発揮できるかも……
と思いきや、冒頭で伊沢が射殺してしまったのは、香坂でした。
本当に伊沢が撃ったのか?

今後の展開

そして、伊沢の妻娘を殺した宇佐美が殺害されました。

その直前に宇佐美から事件の一部始終を白状するように迫っていました。
どう考えても伊沢が犯人くさいけど、それはミスリード?
しかし、第2話のストーリーを読むと、一度伊沢は第一話ラストで登場した捜査一課
刑事早川に逮捕されるものの。
公安部の曽根崎部長は宇佐美を自殺として処理されるようです。
香坂も宇佐美が刑務所にいた時に面会に来ています。
伊沢が知らない事実が、宇佐美の死にも、伊沢の妻娘の死にも関わってきそうですね。

連続ドラマとして見ることができて、また一話完結のミステリードラマとしても見える。
海外ドラマっぽい作りのドラマです。
ひょうひょうとした部分もありながら、実は過去にドラマを抱えている伊沢。
何層にもいろんな顔を持っている今までの刑事ドラマでは絶対に主役にならなかったはずのあぶない心の揺れを持っている主人公です。
犯人を追い詰めないといけないし、刑事自らも容疑者です。
次回はいったいどうなるんでしょうか?

第2話 捜査中に少女誘拐!命のタイムリミット

2020年01月13日月曜放送
視聴率:10.7%

感想

前回の冒頭で出た映像の続き。
伊沢が撃ったのは香坂とわかりました。そして、他の警官たちをなぎ倒して逃走。
小田切が山内に伊沢を止めてくれと言われます。
それが64日後の事です。
ちょうど、ドラマの最終回の頃です。
なぜ伊沢は香坂を撃つはめになったのか?
これからの展開を見守っていきましょう。

 

 

今回の未然犯罪は
ストーカー行為すれすれで女子高生明日香を狙う馬場。
ミハンの監視カメラをかいくぐって明日香は行方不明に。
誘拐事件が発生して、早くも捜査一課の早川・門田にミハンのアジトを知られることになりました。

元天才子役の演技力で取り立て屋に変身した吉岡でしたが、わずか2回目で空振りに終わました。

吉岡に冷たい態度をとる門田。
2人は敵対関係なんでしょうか。

各所に設定された防犯カメラが傍受でいきるから成り立つミハン流の追跡です。
パソコンに精通した加賀美がいなければ、ミハンの追跡は成り立ちませんね。

馬場は犯罪のバトンで、捜査を攪乱するためのおとりでした。
交換殺人や交換推理に近い巧妙な手口ですね。

潜入のポイントはclub M。

誘拐された明日香は100万円で買われた子どもだった。
血は繋がっていないけど、本当の親以上に愛情を持つ親子。

それに比べて自分を延命させるために、実の娘を臓器移植しようとする実の父。
ミハンたちの怒り爆発!
妻や娘を殺された伊沢だからこそ、本当に家族の愛情が分かるのでしょう。

明日香が義理の両親ながら、愛情がある家族に戻ってよかった!

第2話では小田切が第1話で潜入したグループセラピーの中に相変わらず通っていることがわかりました。
次回ではそのグループセラピーの中で変化がありそうです。
伊沢と同じく心に傷を抱えている小田切。
同じようにトラウマを抱えたカメラマン篠田と接近するのはありえない話ではないですね。
普段、同僚たちには超ドS的態度をとるのに、篠田の前だけでは女の子してますね。
そのギャップが怖い。
第3話のミハンを通じて、小田切は篠田に自分の素性を知られてしまうようです。
でも、絶対零度の世界ではどんな人にも、その裏に何か秘密おを抱えているのが定番なんで、篠田にも何か裏の裏がありそうな気がして今から心配です。

そして、伊沢は相変わらず家に戻ると、死んでいる妻と娘の幻影を見てしまう伊沢。
山内に自分が再び暴走したら、迷わず射殺してくれと願います。

そして、ドラマ終盤になって61日後に戻ります。
予言どおり暴走する伊沢の背中に向かってに約束通り、山内が銃を発砲!
この後、どうなってしまうんでしょう。

 

 

次回の展開予想

次回は伊沢は自分の妻娘を殺したと疑いがある宇佐美と接触、そして宇佐美と面会していたのは香坂でした。

伊沢が香坂を撃った原因もそのあたりにあるような気がするんですけど、妻娘が殺された秘密を香坂が握っているのは間違いないようですね。
予告動画では伊沢が香坂に「あなたには知られたくない過去がある」と言ってましたが、香坂の秘密って一体何?

そして、次回のミハンはバレエ業界の物語です。
バレエの世界は映画では「ブラック・スワン」などで激しいライバルとのバトルが有名です。
ドラマ映画の影響で、実態はどうか知らないのに勝手に思い込んでしまいますね。
致死量のヒ素を入手してライバルを殺害?

予告動画を見ると、ビルの屋上から飛び降りようとするアイドルバレリーナ舞の姿が?
舞の殺意とは、自分に対する殺意。
つまり、自殺願望だったのでしょうか?

次週も全くストーリーが読み取れない予測できません。
犯罪は予測できても、ストーリーは予測できない!

絶対零度では必ず、表面向きの犯罪行為はフェイクで奥にはもっとえげつない犯罪が隠されていいます。

その意外性が絶対零度シリーズの醍醐味で、期待を裏切らないところですね。

第3話 バレエ界の新星が殺人!?失った記憶と殺意の行方!?

2020年01月20日月曜放送
視聴率:8.6%

感想
また今回も56日後の展開。
香坂が死んでいるのは間違いないようです。
本当に伊沢が香坂を殺してしまったのか?
まだ謎ですね。
現在に戻って、でも刑務所の面会で宇佐美がそのうち第1線を超えると呼ばれています。
グループセラピーに通っている小田切、カメラマン篠田と一緒に帰るほど親しくなっています。
だが好意をもっているはずの篠田にも触れられると激しい発作が……
そんな時に震えて怯える小田切はいつもとは別人の弱さを見せます。
もしかしたらこれが本当の小田切の姿で、弱さが隠そうと言うが故にいつものぶっきら棒な態度になっているんですかね。

今回バレエ教室に通って潜入した、吉岡のバレエ姿が笑えました。
そして山内の一緒に久しぶりに、潜入捜査した加賀美の雑誌編集者ぶりがよかったです。

今回AIが割り出した人物はバレリーナ舞でした。
舞は誰かに殺意を持っているのでしょうか?
何のためにヒ素を購入したのでしょうか?
しかし、心因性記憶性障害で、親友智花のことさえ覚えていません。
伊沢が知り合いで記憶障害になった刑事を知っているようですが、それはひょっとして刑事ゼロの時矢歴彦のこと?
沢村一樹さんは2019年のテレビ朝日系で「刑事ゼロ」で記憶障害になった刑事を演じました。

今回のバレリーナの事件も、一筋縄ではいかない謎が用意されていました。

3年前の同じバレエ団の中から堀越と言う団員が自殺したという報道があります。
堀越を殺したのは舞で、自分がバレエを続けれないと知っていた智花が舞をかばって、2人で共謀して屋上から落下して、自殺にみせかけたのでした。
記憶を蘇られせた舞が、殺意を持っていたのは自分自身でした。
自殺しようと思っていました。

悪意もある世の中ですけど、その中には智花と舞の固い友情が描かれていました。
ミハンを見ると人間の悪の部分と善の部分の両方が描かれていて、人間というものの分からなさ、そして暖かさというものを感じます。

小田切はかつて男性に襲われた過去を告白。
それを篠田も聞いていました。
小田切の過去も受け入れて、篠田と接近していくのでしょうか?

脅迫をしていたのは瀬川綾乃の母親でした。
しかし、瀬川綾乃自身は母親の呪縛から解放されて、バレリーナとして躍進しました。

事件が解決して、小田切は香坂の居酒屋でのひとり酒を目撃してしまいます。
いつもお固いはずの香坂の人間らしい姿にほっこりしました。
小田切との距離も縮まったような気もしたんですけど……

次のシーンの伊沢とのシーンが香坂が経歴不詳でミハンに接近していることが分かります。
一人一人の場面では、それぞれ人間らしい場面があるのに、みんなで集まるとハードな展開が待っています。

ドラマラストの56日後の展開では、小田切が謹慎処分を受け、本人は依願退職を願いでます。

ますます、ミハンの最終回辺りには大ピンチというか、崩壊している様子が見られます。
そして、篠田との幸せな未来というのもなささそうです。
では、小田切と篠田の関係はこの後どうなってしまうんでしょうか?
劇中、小田切が
「未来を変えるのは自分自身」
と言いますが、ミハンの仲間は未来を変えることができるのでしょうか?

次回は過去の無差別殺人といのちの相談員と関わるミハン事件のようです。
いつもは指示を出すだけの香坂が積極的に関わってくるようです。

だんだんとミハンの仲間と仲良くなっているはずなのに、未来の展開はそれと裏腹。
一体その間に何が待ち受けてるのでしょう。
そして香坂の狙いは?過去は?
もしかしたら香坂死亡、ミハンの解散の展開は大きなフェイクで、事件の背後に隠れている大きな悪をあぶり出すための芝居?
なんてことを想像するのですが……
次回も香坂の謎がちょっとづつ分かっていくのかな?

第4話

2020年01月27日月曜放送
視聴率:近日更新予定

近日更新予定です