「知らなくていいコト」の動画を見逃し無料視聴!【第1話から最終回まで】

知らなくていいコト

「知らなくていいコト」動画視聴

Hulu

Hulu(フールー)では2週間無料お試しキャンペーンを実施中!

初めて登録するユーザー限定で、2週間無料でHuluを利用できます

詳しくはコチラ

公式見逃し配信 配信状況
TVer ○(最新話のみ)
日テレ無料TADA! ○(最新話のみ)
GYAO! ○(最新話のみ)

TVerと日テレ無料TADA!とGYAO!について

  • どちらも公式の見逃し配信サービス
  • 視聴できるのは最新話のみ
  • 配信期間はTV放送終了後から1週間(原則)
  • 無料で視聴できるが広告が流れる

動画配信サービス 配信状況
Hulu ◎(全話見放題)
Paravi ×
U-NEXT ×
FODプレミアム ×
Netflix ×
Amazonプライム ×

Huluについて

  • 日本テレビ公式の動画配信サービス
  • 最新話に加え過去話も配信
  • 2週間の無料お試し期間あり
  • 広告配信もないのでストレスなし

■ 見逃し動画視聴まとめ

  • 最新話ならTVer、日テレ無料TADA!もしくはGYAO!で無料視聴
  • 過去話も含め全話視聴するならHulu

「知らなくていいコト」のみどころはココ

認知されていない自分の父親がハリウッドスターだと言うのはかなり衝撃的で、驚くべきことです。主人公のケイトはそんな自分の過去とどう向き合っていくのか、そしてこの大きなスキャンダルとどう立ち向かっていくのかが、このドラマの最大の見どころのような気がします。週刊誌の記者はいつもスクープを追いかけていますが、まさか自分のことが大きなスクープになってしまうとは想像もできなかったでしょう。週刊誌の記者という仕事も、このドラマを通じて、より深いところまで知ることが出来ると期待しています。内容は今まで観たことが無いと思うので、その点も新鮮に感じています。

みどころを書いた人

JUN

JUN

ドラマ歴25年。トレンディドラマやミステリー、恋愛、医療などあらゆるジャンルの作品を視聴。

各話の動画視聴

第3話 2020年1月22日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

■TVerでの第3話配信期間
配信開始:2020年1月22日(第3話TV放送終了後)
配信終了:2020年1月29日(第4話TV放送開始前)

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高おだか(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹はるき(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。黒川くろかわ(山内圭哉)班は国民的な人気を誇る天才ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽かわはらたつみ(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当。早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。

編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。

近日更新予定です。

第2話 2020年1月15日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

■TVerでの第2話配信期間
配信開始:2020年1月15日(第2話TV放送終了後)
配信終了:2020年1月22日(第3話TV放送開始前)

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

母・杏南あんな(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。そのことで春樹はるき(重岡大毅)からプロポーズを取り消されてどん底の気分の中、次週のネタとして“DNA婚活”について調べるよう振られる。
事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・。

見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにしたグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイト。 しかし10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に……! イベント終了後、ケイトは1組だけカップル成立しなかった男性参加者・山際やまぎわ(えなりかずき)が結婚相談所事務局の女性・笹野ささの(市川由衣)と訳ありな様子を目にするが……。 一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)に異動の相談をしていて……。 その夜、遺伝学の教授から『親の経験が子供に遺伝する』というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと陰鬱な気分で家路につく。 撮影に向かう尾高おだか(柄本佑)と鉢合わせたケイトは、かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが……!?

ネタバレ▼ケイトはDNA婚活の取材に行き、改めてその成功率の高さに驚かされた。しかし、一組だけカップルが成立しなかったことが気になった。その男性を訪ねに行くと、彼はDNA婚活のスタッフと付き合っていた。二人のDNAの愛称は10%以下で、彼女の方はそのことを引きずっていた。ケイトの後押しもあり、二人はDNAを超えて結婚を決めた。ケイトは尾高に真相を聞いた。ケイトの母親の証言により、彼女の父親は乃十阿徹だということが確定した。しかし、ケイトの母親は乃十阿徹は犯罪を犯すような人ではないと言っていた。ケイトは尾高がこのことを知っていた上で、彼女にプロポーズをしたことを知った。彼女はこのことを後悔し、尾高の傍で涙を流した。

自分の父親が誰か知っていてもプロポーズをしてくれた保高さんの気持ちを知ってけいとが涙する姿を見たら、お母さんは娘がこんなに苦しんでいても父親を隠しておきたかったのかなと思いました。お母さんが話をしてくれていたらまた違った運命をたどっていたのかもしれないと思うと可愛そうだなと思いました。

(30代・女性)

犯罪遺伝子なんて本当にあるのだろうかと思いました。尾高はケイトに母から聞いたことを話した。今まで秘密にしてたのは、母から頼まれたからでは無く、ケイトを想っての事だと思いました。ケイトは殺陣犯の娘だと知った事は辛すぎますと思いました。

(30代・女性)

プロポーズされた途端に殺人犯の娘かもしれないことを理由に撤回されて別れることになったケイトが、元恋人の春樹に自分が殺人犯の娘かキアヌの娘がまだわからないと必死になって別れ話を撤回させようとしていたシーンはとても面白かったです。

(40代・女性)

本当のお父さんが誰なのか気になるけど知るのが怖いなと思いました。もし、自分の父親が犯罪者だったら私は受け入れることが出来るのか、自分の今後の人生が怖くなるし、きっとモヤモヤした気持ちになっちゃうと思うけど、それでも自分の父親を知ろうとしているけいとは偉いなと思いました。

(30代・女性)

DNAのマッチングで結婚相手を捜すというのがイマイチわからないと潜入取材をしようとするケイトの判断力のスゴさにはビックリ、更に遺伝子研究の第一人者の大学教授に話を聞きに行くというアポイントを既に取っているという仕事の素早さから編集長の岩谷が買っている理由がハッキリした。

(30代・男性)

第1話 2020年1月8日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVerや日テレ無料TADA!での配信は終了しました

■TVerでの第1話配信期間
配信開始:2020年1月8日(第1話TV放送終了後)
配信終了:2020年1月15日(第2話TV放送開始前)

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

一流週刊誌“週刊イースト”の特集班記者・真壁まかべケイト(吉高由里子)は、仕事に恋に充実した日々を送っていたある日、同居する映画翻訳家の母・杏南あんな(秋吉久美子)が倒れたと連絡を受ける。未婚のままケイトを育て上げた杏南は、病床でケイトの父があの“キアヌ・リーブス”だと言い残し、あっさり亡くなってしまう!連載班の後輩で恋人の野中春樹のなかはるき(重岡大毅)に相談するもジョークでは、と取り合われない中、母の書斎から若き日の母とキアヌ・リーブスの写真が出てきて……!

数日後、仕事に復帰したケイトは、ずっと追っていた詐欺のネタを編集長の岩谷 いわたに(佐々木蔵之介)に直談判する。ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子 たがえみこ(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。しかしガードの固い笑子を前に取材は難航。そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎おだかゆういちろう(柄本佑)が線香を上げにケイトの家に訪れる。杏南の最期の言葉を聞き「ステキじゃないか」と“父親キアヌ説”を否定しない尾高に元気をもらうケイト。尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた……。翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていた……!!

ネタバレ▼急な母杏南が死んだ事により、死ぬ間際に残した言葉であるハリウッド俳優との関係性が気になり娘であるケイトは元彼由一郎に相談をしていた。ケイトは詐欺に引っかかる笑子を救う為に、ネット上の架空の人物に恋をし騙されていることを教えるが、周りを信じず振り込め詐欺に騙され続ける笑子。取材をするため笑子が営む茶道教室に入門していたことがバレてケイトは追い出されてしまう。
母の遺品である指輪に刻まれた名前を検索したケイトは無差別殺人事件の犯人である人物であった。混乱したケイトは恋人である春樹に話をしたが誰の子供でも関係ないと言われプロポーズをされた。翌日ケイトは、笑子に愛していると言われた時の気持ちを知り、詐欺だと分かりながらも稼いだお金の使い道は自由だと言い、笑子に許可を得て記事にする事を決めた。ケイトは由一郎に乃十阿徹の存在を知っていたのではないかと、結婚前に事実を知るために問い詰めるが何も教えてもらえず、自ら調べると刑務所から出てきた写真を撮ったのは由一郎であった。急に家に押しかけてきた春樹に、やっぱり殺人犯の娘とは結婚できないと言われてしまった。

秋吉久美子さんが、遺言のように「お父さんはキアヌリーブス」と言って亡くなった時から、吉高由里子さんの顔は、(どう見ても純日本人でしょう)と思っていたので、重岡大毅さんが「可愛いけど、キアヌリーブスがお父さんというのは無理がない?」と言ったので、「だよね〜」とテレビに向かって激しく同意してしまいました。

(30代・女性)

秋吉久美子さんが、遺言のように「お父さんはキアヌリーブス」と言って亡くなった時から、吉高由里子さんの顔は、(どう見ても純日本人でしょう)と思っていたので、重岡大毅さんが「可愛いけど、キアヌリーブスがお父さんというのは無理がない?」と言ったので、「だよね〜」とテレビに向かって激しく同意してしまいました。

(30代・女性)

ケイトのお母さんが亡くなってしまったのがとてもビックリしました。お母さんがキアヌと言ったのがとても面白くてよかったです。ケイトが寂しがっているのがとても可愛くてよかったです。ケイトがすごく人脈があるのがすごいと思います。

(30代・男性)

尾高さんとケイトが本当にお似合いだなと感じました。尾高さんはケイトの父親がキアヌだということも否定せず肯定してくれたし、ケイトのことをまだ好きなんじゃないかなと感じました。だからこそ、なぜ別れることになったのかが気になります。

(20代・女性)

ケイトの母親が有名人だからという理由からかもしれませんが、職場のみんなが彼女のことを「ケイト」と下の名前で呼んでいることに正直驚きました。真壁と言うと母親と混ざるとか言いづらいとか何か理由があるのかもしれませんが、少し違和感がありました。

(30代・女性)

▼各話の【ネタバレ・あらすじ・視聴率】はコチラ

Huluで無料視聴

Huluでの無料視聴のポイント

  1. Huluの2週間無料お試し体験に登録
  2. 「知らなくていいコト」の動画を視聴
  3. 無料お試し期間内に解約すると無料視聴できる
  4. 解約自由(違約金や日数縛りなどはありません)
  5. 解約は1分で終了

Hulu無料お試し登録

■STEP1 無料お試し体験への登録ボタンを押す

Hulu無料登録ボタン

■STEP2 必要な項目を記入

Hulu入力項目

■STEP3 支払い方法を選択して登録完了

Hulu無料トライアル開始ボタン

 

Hulu配信作品

Huluで配信している作品

■「吉高由里子」関連作品

蛇にピアス

蛇にピアス

正義のセ

正義のセ

ユリゴコロ

ユリゴコロ

 

■「佐々木蔵之介」 関連作品

ハンチョウ 〜神南署安積班〜

ハンチョウ 〜神南署安積班〜 シリーズ

天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛

天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛

恋愛ニート ~忘れた恋のはじめ方~

恋愛ニート ~忘れた恋のはじめ方~

 

■「柄本佑」関連作品

世界の中心で、愛をさけぶ (2004)

世界の中心で、愛をさけぶ (2004)

空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ

コック警部の晩餐会

コック警部の晩餐会

他にも多数配信中!
まずは無料登録↓

Hulu解約

Hulu解約の注意ポイント

  1. HuluのWEBサイトから解約手続き(アプリからはできません)
  2. スマホアプリを削除しただけでは解約にならない

Huluの登録・解約の方法詳細はコチラ↓

「知らなくていいコト」について

信じられないスクープは私自身のことでした。

政治家の不正から芸能人のスキャンダルまで、数々のスクープを世間に送り出す週刊誌

“週刊イースト”。

壮絶な職場で日々スクープを狙う女記者・真壁ケイトは自信家ながらも母譲りの人ウケのよさと人懐っこさで仕事も恋も絶好調の毎日を送っていた。

そんなある日……。

シングルマザーとしてケイトを育て上げた母が急死。母が最期の言葉で告げたのは、今まで一度も話したことのなかったケイトの父の名前だった……。

それは誰もが知るあのハリウッドスターの名前!!

……パパがハリウッドスター!?んなワケないじゃん?でも、それっぽい証拠も出てきて……!?

出典:知らなくていいコト|日本テレビ

知らなくていいコト(相関図)

キャスト(出演者)

真壁ケイト…吉高由里子
尾高由一郎…柄本 佑
野中春樹…重岡大毅(ジャニーズWEST)

小野寺明人…今井隆文
倉橋朋美…小林きな子
小泉愛花…関水 渚
鮫島裕二…和田聰宏
佐藤幸彦…森田甘路
東山秀則…本多 力
黒川正彦…山内圭哉

真壁杏南…秋吉久美子
岩谷 進…佐々木蔵之介
乃十阿徹…小林 薫

原作・主題歌など

脚本
大石 静

演出
狩山 俊輔
塚本 連平 ほか

プロデューサー
小田 玲奈
久保田 充
大塚 英治(ケイファクトリー)

チーフプロデューサー
西 憲彦

制作協力
ケイファクトリー

製作著作
日本テレビ

主題歌:「素晴らしき嘘」flumpool
(A-Sketch)

「知らなくていいコト」視聴者の声

放送開始前の期待

主人公のケイトは知らなくていいコトならば、最後まで知らずにいたかったというようなことなのだと思います。しかし、それを知ってしまったということは、今後の彼女の人生に大きな影響を与えるでしょうし、知るべきことだったのだと思いました。しかし、スクープ記者である彼女にとって、自分自身がスクープの対象になると知った時、彼女はそれとどう立ち向かっていくのかがかなり気になるところです。お仕事ドラマのようですが、ある意味特殊な仕事でもあるので、共感しにくい部分も多いのかもしれません。それでも仕事のモチベーションを高めていけるような内容だと嬉しいです。

50代・女性)

吉高由里子が週刊誌の記者に扮したドラマである。「知らなくていいコト」というタイトルにあるように、今の週刊誌報道は、単なる下世話なゴシップ記事にまみれた汚染地帯である。そのような現状の週刊誌報道の在り方に対する警鐘を鳴らすという意味でのドラマであれば、社会的な意義があると考えられる。しかし、マスコミは、自分たちが正しいという名の正義にうぬぼれているので、ドラマの内容はそうではなく、知らなければ身に危険が及ばなかったにもかかわらず、余計な事件に身を突っ込んでしまったばっかりに、自分の命が狙われるという、サスペンス仕立てにした方が、マスコミ人的にはうれしいだろうなとも感じる。そして、巨悪は政治家や官僚であり、マスコミは正義の使者である、それがマスコミの自己正当化手段としてのドラマ作成術なのであり、実際そういう展開になりそうである。

40代・男性)

真壁ケイトは入社10年目の週刊誌記者で、恋人との交際も順調。ずっと母親と二人で暮らしてきたが、父のことは何も知らずに生きてきた。しかし、母親は、くも膜下出血のために急死してしまう。同時に自分の父について驚きの真実を知ってしまう。ヒロイン役の吉高由里子さんが出来る週刊誌記者役と聞いて、これはぜひ観なくてはと思った。母親の杏南も映画字幕翻訳家とクリエイティブな職業と聞いて、興味を持った。自分の出生の秘密を知ってしまったケイトはどう行動していくのか、期待している。父が誰なのかもすごく興味があるので、最終回まで見逃せない。

(50代・女性)

『知らなくていいコト』というタイトルと主人公が週刊誌の記者という設定は、これ以上にないくらいマッチしていると思えて、これだけで期待値は高いです。その一番のスクープが自分に関連することというのも、とても面白そうです。吉高由里子さんは、いつも必死に働いて何かに翻弄される役が多いので、きっとハマり役だと思います。私は週刊誌のスクープを読むのが大好きで、その中には、知らなくていいコトが多いのも事実です。そうした週刊誌の裏側をある程度、リアルに描かれていると嬉しいですね。スクープのネタである父親のハリウッドスターを誰が演じるのかは明かされてないので、ドラマを見る上で一つの楽しみになりそうです。

(30代・男性)

世の中には知らなくてよいことがたくさんあるということに気づいたのは30歳を超えてからでした。このドラマも自分の出自を含め、知らなくてよかったのに、と思うことがたくさん散りばめられていそうですね。現実にそんなことがあったらたまらないですが、そこを上手にコミカルに描いていってくれるのではないかと期待しています。登場人物もみんな魅力的なので、それだけでドラマが面白くなりそうです。そして、主人公の生みの親とされているハリウッドスターはいったい誰なのか気になります。早く知りたい。そして、それをどんな風に描いてくれるのか楽しみです。

(30代・女性)

もっと読む

吉高由里子さんの週刊誌記者役は凄く合っていると思う。ハリウッドスターで父親かもしれない人はいつ分かるのだろう。よっぽどの大物が演じないと、このドラマの価値が低くなるんじゃないかと思う。今彼と元彼の外見も性格も全然違うような気がするが、一緒に仕事をする間に恋愛関係になったという事なら、だいぶ手短な恋愛ばかりの主役な気がする。三角関係とか微妙な恋愛のこじれる所もやるのだろうか。あまりパターン化したものはつまらないので、定番とは違うストーリーを期待したい。父親がハリウッドスターった場合、記者がどんな行動に出るのか見てみたいと思う。

(30代・女性)

吉高さんが主演するドラマは、毎回欠かさず観ています。
特に吉高さんのお仕事系ドラマは本当に痛快で、今時の30代女性の等身大の姿を観せてくれます。仕事も恋愛も頑張るのに、時々自信を失くしては踏ん張って前に進んでいる姿を演じさせれば右に出る者はいないというくらい、吉高さんの演技も大好きです。
今回のドラマも、お仕事系ヒューマンドラマとのこと。しかも、マスコミの人のドラマ。『知らなくていいこと』という題名に、「えっ!?何が!?知りたい!」という風に興味が湧きます。亡くなる間際の母が主人公に伝えた意味深な言葉らしいですが、週刊誌の記者である主人公なら、絶対に気になって調べちゃいますよね。自分の仕事もしながら、母の言葉を気に留めながら、仕事、恋愛、人間関係、いろんなことに悩みながら展開されていくのでしょうね。そして、全て伏線で繋がっていて…本当に放送日が楽しみです!

(30代・女性)

吉高由里子さん主演の週刊誌記者をとりまく話で、大石静さんのオリジナルの脚本のドラマです。私は、2018年の「大恋愛」を見て大石さんのファンになりました。「知らなくてもいいコト」は、社会派の考えさせられるドラマのようです。主人公の真鍋ケイトは、敏腕記者ですが、母親が「父親はハリウッドスターだ」と言って亡くなります。自分がスクープされることになり、様々なことが起こりそうです。もちろん、他のスキャンダルを追う場面も多くみられると思います。また、職場は仕事ができる男性ばかりで、当然、恋愛の話もあります。佐々木蔵之介さん、柄本佑さん、重岡大毅さんなど、個性派演技派の俳優さんの共演も楽しみです。

(60代・女性)

私はそもそもマスコミやスキャンダルといったことが苦手なので、公式サイトを見ただけでも若干の拒否反応があります。ただ、公式サイトが週刊誌風に作られているのを見ると、ドラマ制作陣の力の入りようが伝わってくるようで、1度くらい観てみようかな、という気にさせられました。また、自分が持つ「苦手」という感情は、そのまま作品に対する「つまらない」という感情には直結しないとも考えていて、この作品が、私のマスコミに対する苦手意識にどういう影響を及ぼしてくれるのか、という楽しみもあります。また、吉高由里子さんや佐々木蔵之介さんの演技がすきなので、キャストの面では安心して観られると思います。

(20代・女性)


■ Hulu

  • 2週間無料お試し期間あり!
  • 解約は自由で、違約金や契約期間縛りなども一切なし!

まずは無料登録↑