【ネタバレ・あらすじ・視聴率】「知らなくていいコト」真壁ケイト”人生最大”の秘密とはー

知らなくていいコト

▼【第1話から最終回まで】「知らなくていいコト」
見逃し無料視聴の詳細はコチラ

【各話】「知らなくていいコト」ネタバレ、あらすじ、視聴率

第1話 ケイトがぶち当たる人生最大の知らなくていいコトとは!?

第1話 2020年1月8日(水)放送
視聴率:9.4%

感想 
冒頭のわずか数分間で、母杏南が死去。
秋吉久美子さん、あまりにも早い死でした。
これから、死んでしまった杏南の秘密を追求していくんですかね。
「3年A組」や「ニッポンノワール」のような感じ?

ケイトの父はキアヌ・リーブス?
現実にキアヌ・リーブスはまだ生きているし、実在のスターをドラマの中で取り入れていいもんなんでしょうか?

働き方改革で前年のドラマ「わたし、定時で帰ります」では、要領よく仕事をテキパキこなして定時できっかり帰って、町中華の半額ビールを楽しむという女子を演じていたのに……
今度は徹夜でもスクープ掴もうとする180度真逆のキャラです。

週刊イーストの特集班のデスクの黒川も前年のTBSでの「獣になれない私たち」でのベンチャー企業の豪腕社長が記憶に新しい山内圭哉。
またまた関西弁が威圧的な感じで似たようなキャラクター既視感が……

そして、今彼の野中秀樹役のジャニーズWESTの重岡大毅。
前回の「わたし、定時」の時の今彼はKAT-TUNの中丸雄一でした。
うん、明るくて高感度のあるタイプなんで、ジャニーズでも穏やかな雰囲気の人。
吉高由里子の今彼役はジャニーズ枠なんですか?
という位ちょっとまたまた既視感を感じました。

そして元彼尾高が登場。
こちらは柄本佑。
前回、「わたし、定時」で共演したのは弟の柄本時生でしたね。
さて、キアヌ・リーブス娘説を信じる尾高。
しかし、尾高の記憶では、乃十阿徹が刑務所から出てくる所をカメラにおさめていました。
そして、乃十阿徹の記憶はそのまま杏南の記憶と結びついているのでした。
乃十阿と杏南の秘密を尾高は知っているようですね。
知っているからこそ、ケイトには黙っているのかも……
そして、母の卒業論文のルーズリーフに引っかかっていた指輪はT&A指輪の送り主は、乃十阿徹。
無差別殺人の犯人で、母の大学時代の先生でした。
ドラマがはじまる前までは、すっかりキアヌ・リーブスが父なのかを追求するドラマ?
いったいどうなドラマが始まるんだろうと思っていましたが、実は自分が殺人犯の子供かもしれないという深刻なドラマ展開の作品でした。

最初は毎度おなじみの吉高由里子のお仕事ドラマと思っていましたが、今回はちょっとテイストが違う感じ。
今まで見たことのない吉高由里子の表情が見えるようなので期待できます。

野中はまだ仕事では半人前ですが、包み込むような優しさ。
スクープを常に追いかけて緊張の日々を送るケイトが野中を好きになる理由が分かるような気がします。

今回登場した茶道の先生。
ずっとアナログの先生こそ、スマホのようなものを手にすると、免疫がないので、あっさり騙されてしまうようです。

ケイトは仕事も恋愛もすっかり充実。
そうなると、やっぱりいつもの吉高由里子のドラマじゃん。という感じですが……

やはり乃十阿のことはすごくケイトの人生に糸を引くようで……
包み込むような優しさのはずの野中があっさり婚約撤回。
ありゃりゃ、思ったような優しい人間じゃなかったようです。

週刊イーストの編集長岩谷は佐々木蔵之介です。
去年の「シャーロック」ではディーン・フジオカの名探偵頼みで事件を解決するという頼りない刑事を演じていましたが、今回の編集長は頼れそうなしっかりしたキャラです。

次回は婚活パーティーでえなりかずきが登場。
えなりかずきは昨年の「G線上のあなたと私」でも波瑠演じる主人公也映子とお見合いパーティーでカップルになった相手役でした。
よっぽどの婚活キャラ?

「知らなくてもいいコト」は本当に、ありがちなキャスティングだなあと感じてしまいました。
意外性があったのは展開でした。
乃十阿徹を私は阿徹という名前だと思って、お坊さんだと思って大勘違いしていました。

このドラマも一話完結のドラマとしても見れるし、連続ドラマとしても見れるとうい海外ドラマ的な構成になってます。

次回のケイトのスクープは?
そして、自らの出生の秘密は分かるのでしょうか?

第2話 まさか私があの殺人犯の娘だったなんて・・・?!

第2話 2020年1月15日(水)放送
視聴率:8.9%

感想
前回、今彼、野中の結婚しよ宣言撤回を受けました。
まあ、こんなキャラだったら普通なら炎上騒ぎが起こってもおかしくないような気がしますが、意外や野中役の重岡大毅さんのハグキスシーンだけが取り沙汰されて、婚約破棄は問題にされなかったようです。
まさか、炎上回避のためのジャニーズキャスティング?

殺人犯のDNAがある子どもが生まれるのを懸念した野中でしたが、それに呼応したようなDNAによる婚活サービスが取り上げられました。

婚活は大変です。
手間と費用がかさんで、だんだん心が消耗していきますね。

DNAで婚活できたら楽なんでしょうけど。
多くの人にとっては便利なんでしょうけど、一部DNAに関して不安を感じる人には余計に過酷な状況に追い込まれるでしょうね。

元サヤどころか、さらに差別されて険悪な関係に陥ってしまいます。
第1話の幸せ感はどこに……

一方、尾高は殺人犯乃十阿とケイトの母との間になにか秘密をもっていました。
母から乃十阿がケイトの父だと知らされていました。
しかも、乃十阿とは不倫関係でした。
そして、ケイトを生涯守って来れとまで言われていました。
尾高はケイトが殺人犯の娘かも知れないことを知っていながらプロポーズしていた!
にも関わらずケイトは尾高をふっていた!
男を見る目なさすぎ!
逃した魚は大きすぎた!
尾高が戻ってくる可能性はあるのか?
尾高は既婚のようだけど、奥さんがいるのかいないのか、あまり夫婦でいるような気配がありません。
今のところどこにいるのかはっきりしていません。
これはドラマの後の方になって登場するために隠しておくパターンかな。
尾高の奥さんは海に潜る仕事と言っていました。
スキューバダイビングか素潜りのプロかカメラマン?
海にばかり行っているからすれ違いなんでしょうか?

ここまで来て野中が戻ってくる可能性はほとんどないでしょうね。
尾高が離婚で、ケイトの元へ戻ってこない限り、もう編集部の間で恋愛をする可能性は低い気がします。

やはり、殺人犯の娘という十字架は重く。
第1話よりさらに重い感じになってしまいました。
殺人犯の娘かも知れないという主人公の運命と、主人公の取材する内容が特殊詐欺やDNAの婚活など、ケイトの抱えてる問題よりもどう考えても軽い気がします。
バランスが合わない感じがします。

「G線上のあなたと私」でも婚活パーティーに参加していましたが、波瑠さんの也映子とマッチングしたのに消滅。
でも今回は市川由衣さんの事務員さんとマッチング!
DNA鑑定に逆らう交際を始めた山際、笹野の結論が、犯罪DNAで心が追い詰められたケイトの救いになりました。

ドラマの中とは言え、DNAに負けない2人を応援したいです。

前回はあまりセリフの少なかったケイトの直接の上司黒川。
山内圭哉さん前作レギュラーだった「獣になれない私たち」ではパワハラすれすれの社長でしたが、今回はケイトを暖かく見守り、ケイトのフォローも欠かさない優しい上司のようです。

週刊イーストの編集部の俳優さんは、こんなに多すぎたらそれぞれの俳優さんのセリフがほとんどないだろうという位、豪華です。

野中との別れが決定的になって、編集長がおごってくれた焼き鳥屋でケイトは食欲を爆発させます。

どんなに自分の置かれた状況がキツい状況でも、きちんとスクープはものにするし、しっかりご飯を食べるところがケイトのパワーの秘訣かも知れません。

仕事は順調のようだけど、プライベートでも幸せになってほしい。

SNSではひょうひょうとしていながらも、ケイトの知らないケイトのマイナスの部分を知りながらも、ケイトを守ろうとした尾高の株が急上昇しました。

第1話でハグをした野中はもう圏外かもしれません。

次回ケイトはカリスマダンサーに直撃、ダンサー役はグランメゾン東京で料理人だった大貫勇輔さん。

本業に戻ってどんな演技を見せてくれるか楽しみです。

第3話 殺人犯の父と対面!」ケイトは自分の真実に立ち向かう!

第3話 2020年1月22日(水)放送
視聴率:近日更新予定

近日更新予定