「SEDAI WARS(セダイウォーズ)」の動画を見逃し無料視聴!【第1話から最終回まで】

「SEDAI WARS」動画視聴

U-NEXT

U-NEXTでは31日間無料お試しキャンペーンを実施中!

初めて登録するユーザー限定で、31日間無料でU-NEXTを利用できます

詳しくはコチラ
1,000円分のポイントGET!

公式見逃し配信 配信状況
TVer
MBS動画イズム

TVerとMBS動画イズムについて

  • どちらも公式の見逃し配信サービス
  • 視聴できるのは最新話のみ
  • 配信期間はTV放送終了後から1週間(原則)
  • 無料で視聴できるが広告が流れる

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
Paravi ×
Hulu ×
FODプレミアム ×
Netflix ×
Amazonプライム ×

U-NEXTについて

  • 東証1部上場企業が運営する大手動画配信サービス
  • 最新話に加え過去話も配信
  • 31日間の無料お試し期間あり
  • 広告配信もないのでストレスなし

■ 見逃し動画視聴まとめ

  • 最新話ならTVerもしくはMBS動画イズムで無料視聴
  • 過去話も含め全話視聴するならU-NEXT

「SEDAI WARS」のみどころはココ

ドラマSEDAI WARSは、横手美智子が脚本を手掛けるオリジナルドラマです。舞台は近未来の日本です。様々な社会問題が積み重なり、現在山のようにそれが増えるようになったことで、崩壊寸前に追い込まれた日本を再建するために、新しいリーダーが選ばれることから物語は始まります。その方法というのがSEDAIと呼ばれる各世代の代表者が、VR空間でバトルを行うというSEDAI WARSと呼ばれる方法でした。このドラマの見どころは、ドラマでは珍しいVR等を用いたアニメのようなストーリーとなっています。アニメは子供から大人まで、親しみ深いものなので大変どの世代にも興味深い内容となっています。新鮮なストーリーの元、ゆとり世代代表に選ばれてしまった主人公柏木悟がどのような運命を歩むのか、注目が集まります。

みどころを書いた人

JUN

JUN

ドラマ歴25年。トレンディドラマやミステリー、恋愛、医療などあらゆるジャンルの作品を視聴。

各話の動画視聴

第7話<最終回>
MBS:2020年2月16日(日)放送
TBS:2020年2月18日(月)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

■TVerでの第7話配信期間

配信開始:2020年2月18日(第7話TBS放送終了後)
配信終了:2020年2月25日(第8話TBS放送開始前)

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

「SEDAI WARS」計画の背後で、糸を引いていた黒幕の正体が明らかになった。
黒幕は、悟(演:山田裕貴)をはじめとする「SEDAI WARS」参加者たちを、強制的にVR世界へと転送。そのまま彼らを、この世界に閉じ込めてしまおうとする。
だが悟は、黒幕のアバターである「NTMY(ネトマイ)」のマスコットキャラクター・GEN(声:高山みなみ)を倒せば、自分たちがVR世界から脱出できることに気がつく。
巨大化し、暴れ回るGENに、必死で反撃する悟たち。
果たして彼らはGENを倒し、現実世界へと戻ることができるのだろうか……?

出典:ストーリー | ドラマイズム『SEDAI WARS』

ネタバレ▼悟は、「SEDAI WARS」計画の背後で、黒幕を引いていた黒幕の正体がわかってきたのである。悟たちは、VR世界に閉じ込められていたのである。悟たちは、現代へと戻るために、翔太と対戦していたのである。対戦は苦戦していたのだが、何とかして悟が翔太に勝つことができたのである。その後、現代に戻ることができて、妊娠していた女性は、無事に赤ちゃんを出産したのである。藤原愛さんが最年少の女性大統領に選ばれて、良い時代が来たのである。悟がいろいろな世代の人から仲良くして頂いたことで、みんな仲良くを大事にしょうと決意したのである。ゆとり世代が勝利して、良い時代へと変えることができたのである。

GENの中に入っていた人物はトイレのお爺さんでした。さらに元総理と一緒にこの計画を実行していたようです。お爺さんの話の様子では次もあるようなことを言っていました。ともかく、総理が生きていて良かったですが、あの二人は現実に存在しているのか気になりました。

(50代・女性)

GENが特大の大きさになった時、なんだか昭和の特撮ドラマを観ているような気分になりました。柏木悟はようやく覚醒することができ、各世代のパワーを結集して戦い、勝つことができました。悟が次期大統領になるかと思っていましたが、その読みは外れました。

(50代・女性)

白井優子が産気づいてしまいましたが、鈴木香織の采配によって、無事に女の子を出産することができました。この時、優子が筧翔太の手を握ったことが良かったようです。彼の中でも何か変化があったようです。新しい命の誕生が各世代を結び付けてくれたのかもしれません。

(50代・女性)

VRの世界に閉じ込められたセダイウォーズのメンバーでしたが、最後は柏木悟が各世代の覚醒パワーを結集して、GENを倒すことができました。2代目大統領はロスジェネ世代の元総理大臣の秘書がなったようです。「みんな仲良く」が浸透して、この国も良くなりました。

(50代・女性)

NTMYのVR世界で女神をしていたのは翔太に協力していた萌だった告白する展開は予想できたが、亡くなった元総理大臣の安藤がNTMYのVR世界にドップリと浸かり疲れ果てたのを休ませるはずが自殺してしまう方向に進ませてしまった事に苦しんでいたのが辛くてならない。

(30代・男性)

第6話
MBS:2020年2月09日(日)放送
TBS:2020年2月11日(月)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、MBS動画イズムでの動画配信は終了しました。

■TVerでの第6話配信期間

配信開始:2020年2月11日(第6話TBS放送終了後)
配信終了:2020年2月18日(第7話TBS放送開始前)

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

悟(演:山田裕貴)はバブル世代の大谷修(演:岡田浩暉)の協力を得て、安藤直樹元首相(演:大友康平)の秘書だった藤原愛(演:長澤奈央)と接触することに成功する。
愛もまた、悟と同じく、誰が二度目の「SEDAI WARS」の開催を決めたのかを疑問に思っており、悟たちに情報を提供することにした。
記録映像をチェックした結果、「SEDAI WARS」開催が決議された際、議員たちがVR式SNSアプリ「NTMY(ネトマイ)」の「女神ステージ」をプレイしていたことが判明。
さらに、その「女神」の姿は、ある人物に酷似していた。

出典:ストーリー | ドラマイズム『SEDAI WARS』

ネタバレ▼悟が安藤元総理が何でセダイウォーズを開催させたのか聞くと、やっと疑問を持つ人が出てきたと言う愛。安藤は恐妻家で妻の家系のおかげで総理になっていて、夫婦仲も最悪だった。情報は共有するように愛に言われる。旅行会社に戻り、会議を見て麻美が皆NTMYの女神ステージをやっている事に気付く。悟は女神ステージを初めて体験する。再戦当日、官邸に集まったSEDAI達。愛が始めようとすると、悟はセダイウォーズの再戦は誰がなんの為に行うのか問う。悟は翔太の計画じゃないかと聞く。翔太がNTMYの発案者でGENの創造主だった。悟は翔太が幼い頃ニュースになっていた事を思い出していた。翔太が中継を止め、良くわかったねと言う。翔太はNTMYの女神ステージで皆を洗脳し、世論をコントロールしていた。GENにぼんくら共を任せたと言う翔太。GENはSEDAIの6人をVRフィールドに送った。GENを現実世界でも見えるように操作していたが、NTMYをやっていない愛には見えていなかった。国を巻き込んだ集団催眠だと優子。初めてVRフィールドに送った時に皆のデータを記録していた翔太。その為にゴーグル無しでもVRフィールドに送れるようになっていた。6人をVRフィールドに閉じ込めて管理すると翔太。現実世界では他の世代の文句ばかりだと翔太。それでも現実が大事だとお腹を触る優子。もう遅いと翔太。ふざけるなと覚醒した修と香織が現れる。

今回は秘書の協力もあって黒幕は翔太だったという事が判明しましたが、黒幕を暴く悟は冴えていてちょっとカッコよく見えました。ネトマイの女神ステージを使う事で世論をコントロールしたり、脳に刺激を与え続ける事で現実世界でも存在しているかのように見せるなど、翔太は恐ろしすぎる中学生だと思いました。

(40代・女性)

翔太は天才少年と言われていただけあって、緻密な計画を練ってそれを成し遂げつつある事に感心してしまいました。ラストシーンで「お前らボンクラをこのVR世界の中に閉じ込めて管理するんだ!」と言っていたので、無事に戻ることができるのか気になります。

(40代・女性)

人が寂しさを埋めるために繋がりを求めてネットによるコミュニティーができます。しかし今回、翔太にもコントロールできない存在が1人いました。ネトマイに登録していない藤原です。時代に乗り遅れても必要ないものには入らないという姿勢も自分を守るためには必要かもしれません。

(40代・男性)

ついに、セダイウォーズの全体像が見えました。やはりネトマイが関係していました。翔太が主犯であろうことも前回の最後に分かっていました。ただし、萌がどこまで関わっているのかはまだ分かりません。これから翔太と戦ううえで、萌が敵か味方かはとても重要です。

(40代・男性)

社会のインフラとなる新たな技術が登場した時は、年齢や経験による優位性は全く意味が無くなってきます。翔太や萌のようにデジタルに生まれた時から接してきた年代には、技術面で争っても勝ち目はありません。大人にはできなくても、子供にはできることが多くあることを知っておくべきです。

(40代・男性)

第5話
MBS:2020年2月02日(日)放送
TBS:2020年2月04日(月)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、MBS動画イズムでの動画配信は終了しました。

■TVerでの第5話配信期間

配信開始:2020年2月4日(第5話TBS放送終了後)
配信終了:2020年2月11日(第6話TBS放送開始前)

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

「SEDAI WARS」の結果を受けて、団塊世代の山尾茂(演:西岡德馬)が日本国の初代大統領となってから、半年が経過した。
茂は世代の誇りにかけて、モーレツに働く日本人の復活を目指すが、休みの無い日々に国民の不満が爆発。「SEDAI WARS」は日本に新しい時代をもたらすはずだったが、茂はあっけなく失脚してしまう。
ほどなく、もう一度「SEDAI WARS」をやり直すことが発表される。このニュースに国民は大喜び。
しかし、ゆとり世代の悟(演:山田裕貴)は一つの疑問を抱いていた。二度目の開催を決めたのは、いったい誰なのか…?

出典:ストーリー | ドラマイズム『SEDAI WARS』

ネタバレ▼団塊政権になり、最初は景気が上向きになってよかったものの、働きすぎによる国民の不平不満が募って行った。そのため、大規模なデモが行われるようになり、結局、団塊政権は終わりを告げた。次の大統領を決めるために、団塊以外の世代の代表が再び戦うことになった。ゆとり世代の柏木悟は総理大臣が亡き今、誰がこの指示を行っているのか気になっていた。そんな中、ロスジェネ世代の白井優子は妊娠をしていたが、生まれてくる子供のためにも次の戦いにも参加すると言ってきた。父親は誰なのか分からないが、それを聞いている人はいなかった。同世代の黒木哲也は優子と一緒に行動することが多くなった。柏木悟を中心にバブル世代の大谷修も集まり、和やかな雰囲気になった。

山尾が行った団塊政権の何がダメだったのでしょうか。皆がやる気を出し一所懸命に働いたことで景気は良くなりました。給料もが上がっても、その分を多く働かされたら満足度は変わらないか低くなるということでしょうか。働く量を変えずに給料だけ上げるなんて夢物語は、あり得ないことです。給料が低くても、その分余暇が充実していれば良いという考えは完全なゆとり世代の考えで、最も世間でバカにされていた考えだったはずです。令和になって、行きついた先がこの答えかと思うと気分が重い。

(40代・男性)

優子と哲也だけでなく、悟を中心にSEDAIが集まり始めました。悟が大谷と優子たちが仲良くしている姿を見て幸せを感じたように、掃除のおじさんが言ったみんな仲良くができればそれでいいのかもしれません。それにしても哲也のオネェ口調に歯止めが利かなくなっています。最初は何とかバレない様に必死でしたが、今では大谷の前でも隠そうとしません。バブルとロスジェネの軋轢はもう無くなったのでしょう。

(40代・男性)

隠れて動いていた人物の正体が、翔太だと分かりました。彼は1度目のSEDAI WARSでは、あっさりと最初に脱落していました。自分が大統領になりたいわけでないなら彼は何がしたいのでしょうか。萌が共犯であることは明らかですし、彼女の願いはいじめからの脱出でしょう。しかし、それだけのための仕掛けにしては大掛かりすぎます。ネトマイとの関係も含め、まだまだ謎は深そうです。

(40代・男性)

筧翔太は鈴木香織に何度も会いに行っています。しかし、香りが翔太に優しくすると、反抗してしまいます。おそらく、翔太は香織に母親的存在を求めているような気がしました。翔太の両親はいつも忙しく、家に居ないようで、お金だけが置いてあります。この世代はこのような子供ばかりではないと思いますが、彼は寂しい子供時代を送ってきたのだと思いました。

(50代・女性)

トイレ掃除のお爺さんが言っていたように、最近の柏木悟は円周率を言わなくなりました。それはストレスが減ってきたからなのかもしれません。彼は受け身の性格のように見えますが、意外と自ら動いているようにも見えます。押せ押せな感じでないところが、相手に好感を持たれるのではないかと思いました。押すよりも一歩引いたほうが上手くいくのかもしれません。

(50代・女性)

第4話
MBS:2020年1月26日(日)放送
TBS:2020年1月28日(月)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、MBS動画イズムでの動画配信は終了しました。

■TVerでの第4話配信期間

配信開始:2020年1月26日(第4話TBS放送終了後)
配信終了:2020年2月04日(第5話TBS放送開始前)

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

「SEDAI WARS」の後半戦が始まり、6人の出場者がVRフィールドに集まった。
前半戦の戦いで要領を得た出場者たちは、「初代大統領」の座をかけて、前半戦を超える激闘を繰り広げる。
だが、6人の中で唯一、柏木悟(演:山田裕貴)だけは戦いに積極的ではなく、「みんな仲良く」ではダメなのかと提案する。
そんな悟の思いも虚しく、敗退者が続出。そして、ついに「SEDAI WARS」の優勝者が決定する!
彼らの戦いを見届け、自らの役目が終わったことを確認した安藤直樹首相(演:大友康平)は……。

出典:ストーリー | ドラマイズム『SEDAI WARS』

ネタバレ▼初代大統領を決定する「SEDAI WARS」の後半戦が始まり、生き残っていた6人の出場者はVRフィールドで攻撃を開始する。しかし、ゆとり世代の悟だけはいまだにこの状況に困惑しており、みんなで仲良くしたいと考えていた。そして各世代の代表者たちが続々と敗退していき、ついに最後の二人である団塊世代の山尾と悟が残る。悟は攻撃することもなく、あっけなく山尾に負けて後半戦が終了する。ついに「SEDAI WARS」の優勝者が決定し代表者たちは現実に戻って来るが、自分の役目は終わったと感じた安藤首相が自らの命を絶ってしまう。そして、初代大統領に就任した山尾が改革を行ったことにより景気が上昇し、大統領に対する国民の支持率も高評価を得る。

戦いもいよいよ後半戦になりましたが、今回驚いたのは団塊世代の山尾の必殺技が強すぎて、思った以上にあっけなく勝負がついてしまった事でした。そしてその後安藤首相は鉄砲で自殺してしまい、山尾が初代大統領になり支持率も急上昇していましたが、その陰で大変な思いをする人もいたので、皆が幸せになるというのはやっぱり難しいものだなと感じました。

(40代・女性)

戦うとき、攻撃するときの特殊映像的なものは撮影時にはなくてイメージなんだろうな、とか思いながら観ると、映像は後から合わせているとしても役者さんたちの演技っぷりには尊敬しかない。映像編集に少し興味が出てくる。

(30代・女性)

世代ウォーズの後半戦が終わったことで総理大臣の安藤が自殺したことにびっくりしました。大統領を任せることで安藤なりの幸福を追求すると思っていたので意外な展開過ぎて次は大統領になった山尾が死んだりするのかといろいろ考えてしまいました。

(30代・男性)

世代ウォーズの後半戦が始まり主役の柏木が勝つのかと思っていたら団塊の世代代表の山尾が年季の入った気合いで圧勝したことに驚きながらも笑えました。でも団塊の世代が大統領になることによって景気は上がったものの幸福感はないように感じたのでこれからどうなるのか楽しみです。

(30代・男性)

第3話
MBS:2020年1月19日(日)放送
TBS:2020年1月21日(月)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、MBS動画イズムでの動画配信は終了しました。

■TVerでの第3話配信期間

配信開始:2020年1月19日(第3話TBS放送終了後)
配信終了:2020年1月21日(第4話TBS放送開始前)

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

各世代から選ばれた10人による「SEDAI WARS」が始まり、間もなく4人が敗退。残った6人によって、3日後に後半戦が行われることになった。
6人は一躍「時の人」となり、注目を浴びるが、敗退者たちには、「世代の期待を裏切った」として、厳しい現実が待っていた。
また、勝ち残った6人にも、喜んでいる余裕はなかった。
ミレニアル世代のグラビアアイドル・西條萌(演:浅川梨奈)は通っている高校でいじめに遭っており、ロスジェネ世代の独身OL・白井優子(演:真飛聖)は、仕事と介護に明け暮れる生活に疲れきっていた。

出典:ストーリー | ドラマイズム『SEDAI WARS』

私自身がロスジェネ世代なので、どうしても白井と黒田に感情移入してしまいます。黒田も自分の性と、世間の常識との狭間で、苦しんでつらかったと思います。そこへきて、男らしくという山尾政権の押し付けは、耐えられないでしょう。早く山尾政権が終わってほしいです。個人的には、白井と黒田が一緒に、赤ちゃんを育ててくれたら嬉しいです。

(40代・女性)

山尾が大統領になりましたが、なんだかモヤモヤしました。山尾は昔からリーダーシップがある方だと思いますが、自分が一番正しいと突っ走るタイプかなと感じました。介護している白井がかわいそうです。お金もいるのに、家でどうやってひとりで介護するんでしょうか?しかも赤ちゃんができたのに。そういう弱者の気持ちが分からない山尾に腹が立ちました。

(30代・男性)

第2話
MBS:2020年1月12日(日)放送
TBS:2020年1月14日(月)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、MBS動画イズムでの動画配信は終了しました。

■TVerでの第2話配信期間

配信開始:2020年1月14日(第2話TBS放送終了後)
配信終了:2020年1月21日(第3話TBS放送開始前)

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

「SEDAI WARS」とは、各世代から選ばれた10人がVRフィールドで戦うというものだった。
この10人から「初代大統領」が決まるとあって、否が応にも全国民の関心が集まる中、ついに「SEDAI WARS」が開始される。
VRフィールドでのバトルで勝敗を分けるのは、それぞれの気合いと集中力。当初、10人は戸惑いを隠せなかったが、やがて一人、また一人と「覚醒」し、独自の技を繰り出していく。
各世代の誇りと、他の世代への不満が、彼らの心に火をつけたのだ。激しいぶつかり合いが続き、ついに最初の敗退者が出た――。

出典:ストーリー | ドラマイズム『SEDAI WARS』

ネタバレ▼総理官邸に集まった世代代表達は、これから自分達がなにをするのかの説明を受けていた。世代代表の2人が1チームとして、VR世界で戦うことになった。ゴーグルを付けると、世代代表は廃工場にいた。そこでバトルが始まった。家族に対する強い不満が力となり、香はボディコン姿で必殺技を繰り出した。そして、優子はアイドルに、哲也はセーラ服姿になり激しいバトルが繰り広げられていた。そして、翔太が最初の敗者になってしまった。6人になったところで前半戦が終了した。後半戦が始まるまでは普通の生活になるのだが、そこで、現実に引き戻されてしまう。敗者には匿名での誹謗中傷、勝者には職場に野次馬が押しかける。しかし勝者になったからとは言え、優遇されることはなく、参加者はどんどん追い詰められていった。

みんなが変身して戦っているのがとても面白くてよかったです。悟が逃げ回っているのがとても笑えてよかったです。テツヤが変身してセーラー服を着ていたのがとてもビックリしました。ショウタがやられてしまったのがビックリしました。

(30代・男性)

悟が女子高生に可愛いと言われていたのが面白くてよかったです。悟が女子高生にうろたえていたのが笑えてよかったです。悟が会社で仕事をすごくやらされていたのが可哀想でした。カオリが変身して技を出したのがとてもビックリしました。

(30代・男性)

大友康平さんが、コメディタッチのドラマに出演するのは珍しいなと思いました。りんごちゃんがモノマネしている人だと思っている若い子たちは、『フォルテシモ』を歌っている人が、この人だと知っているのかなと思いました。

(40代・女性)

第1話
MBS:2020年1月5日(日)放送
TBS:2020年1月7日(月)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、MBS動画イズムでの動画配信は終了しました。

■TVerでの第1話配信期間

配信開始:2020年1月5日(第1話MBS放送終了後)
配信終了:2020年1月14日(第2話TBS放送開始前)

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

近未来の日本――経済の衰退が進む中、どの世代も不幸や不運を他の世代のせいにしていた。
そんな中、総理大臣の安藤直樹(演:大友康平)は突如として、政治を国民に返還すると宣言。各世代の代表者「SEDAI(セダイ)」による、日本国初代大統領決定戦「SEDAI WARS」を開催すると発表した。
対象となるのは「団塊世代」「バブル世代」「ロスジェネ世代」「ゆとり世代」「ミレニアル世代」から2名ずつ。
旅行代理店「太陽ツーリスト」に勤める、地味で目立たない青年・柏木悟(演:山田裕貴)も、ゆとり世代の代表者として選ばれた。

出典:ストーリー | ドラマイズム『SEDAI WARS』

近日更新!

U-NEXTで無料視聴

U-NEXTでの無料視聴のポイント

  1. U-NEXTの31日間無料お試し体験に登録(初期ポイントプレゼント)
  2. 「SEDAI WARS」の動画を視聴(初期ポイント利用)
  3. 無料お試し期間内に解約すると無料視聴できる
  4. 解約自由(違約金や日数縛りなどはありません)
  5. 解約は1分で終了

※この記事からU-NEXTに登録すると、初期ポイントとして1,000ポイント(=1,000円分)もらえます。(通常は600ポイント)

U-NEXT無料お試し登録

■STEP1 無料お試し体験への登録ボタンを押す

U-NEXT(NHKオンデマンド)無料お試し登録ボタン

■STEP2 必要な項目を記入

U-NEXT入力項目

■STEP3 支払い方法を選択して登録完了

U-NEXT支払い方法
U-NEXT配信作品

U-NEXTで配信している作品

■「桐谷健太」関連作品

埋もれる

埋もれる

火花

火花

クローズZERO

クローズZERO

 

■「東出昌大」関連作品

GONINサーガ

GONINサーガ

コンフィデンスマンJP ロマンス編

コンフィデンスマンJP ロマンス編

アオハライド

アオハライド

 

■「比嘉愛未」関連作品

本日は、お日柄もよく

本日は、お日柄もよく

DOCTORS 最強の名医

DOCTORS 最強の名医 シリーズ

恋愛時代

恋愛時代

他にも多数配信中!
まずは無料登録↓
1,000円分のポイントGET!

U-NEXT解約

U-NEXT解約の注意ポイント

  1. U-NEXTのWEBサイトから解約手続き(アプリからはできません)
  2. スマホアプリを削除しただけでは解約にならない

「SEDAI WARS」について

最強の“世代”をバトルアクションで決める!?
その名も『SEDAI WARS(セダイウォーズ)』!!
舞台は近未来の日本。世代間の軋轢によって様々な問題が深刻化し、社会は崩壊の一途を辿っていた。
そんな中、時の内閣総理大臣に代わって日本を治める大統領を決めるという『SEDAI WARS』の開催が発表された!!
それは“SEDAI(セダイ)”と呼ばれる各世代の代表者がVR空間内でバトルロイヤルを行うというトンデモない内容で…。
団塊、バブル、ロスジェネ、ゆとり、そしてミレニアル。果たして、勝つのはどの世代か!?
そしてSEDAIに選ばれてしまったゆとり世代の主人公・柏木悟の運命は!?

出典:イントロダクション | ドラマイズム『SEDAI WARS』

 

キャスト(出演者)

山田裕貴
岡田浩暉
真飛聖
浅川梨奈
池田優斗
横山めぐみ
出合正幸
奥山かずさ
鈴木正幸
西岡徳馬
大友康平

原作・主題歌など

主題歌 … Blue Vintage「SEDAI WARS」
監督 …坂本 浩一
脚本 …横手 美智子
制作 …ロボット
製作 …「SEDAI WARS」製作委員会・MBS

「SEDAI WARS」視聴者の声

放送開始前の期待

スタイルがいい東出昌大さんの検事役でのスーツ姿をとても楽しみにしている。桐谷健太さんの元体育教師で刑事という役柄も面白い演出だと思う。検事と刑事なのに、検事が刑事の妹を好きになることから立場がおかしくなるのも面白いと思った。是非ぎくしゃくした関係を見てみたいと思う。それぞれの正義感がどのように影響し、事件を解決していくのか楽しみだ。刑事と検事のドラマなのにコメディなのが面白くなりそうだと思っている。他のキャストも風間杜夫さんや柳葉敏郎さん等、ベテラン演技派俳優が揃っているので終始楽しく見れそうだ。

(30代・女性)

桐谷健太さん演じる元体育教師で、中途採用という異色な刑事と、東出昌大さん演じる東大卒の超エリートな検事という相反する2人がどのようにバディを組み協力していくのかとても気になります。超実力派の2人の演技も注目する点かと思います。また刑事×検事という組み合わせは日本のドラマではあまり見ない設定なようなので、新鮮さがあっていいなと感じました。また、私たちがあまり知りえない所轄と地検の24時、その知られざる世界をサスペンスとユーモアで軽快に描くというキャッチコピーにすごく心惹かれるものがあります。とても期待しています。

(20代・女性)

令和の日本では時代遅れとなったコンプライアス違反上等の熱血刑事と、プライド高すぎてズレている超エリート検事。立場は真逆ながらも、組織の常識からはちょっとはずれたどこか似た者同士の2人が、トムとジェリーよろしくぶつかり合いながらも、事件解決に向けて協力し合う姿に期待しています。また、所轄と検察といえば、今までは対立が描かれることが多かった組織です。互いに犯罪者を逮捕し適正に裁くことを目的としながらもなぜ対立してしまうのか、各組織の立場から判断の相違が出てしまう過程も丁寧に描いてもらえることを期待しています。

(30代・女性)

ドラマ「HERO」や「ガリレオ」を生み出した福田靖氏の作品とあらば、面白くない訳がありません。今から首を長くして楽しみに待ちわびている人も多いのではないでしょうか。桐谷健太が演じる熱血刑事と、エリート街道まっしぐらな検事を演じる東出昌大のコンビが、見た目も中身も対照的で絶妙です。異なった価値観や手法をもつ二人ですが、お互いに関わっていく上で、正義を追い求めているところは共通していることが浮き彫りになっていきます。まるで磁石のプラスとマイナスのような二人が、葛藤しぶつかり合いながら、かけがえのないバディになっていく様を見るのが楽しみです。

(50代・女性)

桐谷健太が出ている点で、人間味の溢れるドラマになるだろうなという期待が高いです。また、これに比嘉愛未が出演するという、何とも眼福な決定が嬉しいです。彼女は演技もうまいですし、美人さんでスタイルも良いので、ドラマに出ると嬉しいですね。また、風間杜夫と柳葉さんが出るんですね!これは本当に素晴らしいです!風間杜夫の安定感は半端ないので、重鎮として素晴らしい作品を提供してくれるでしょう。そして大好きな柳葉さんが出ているのがまた嬉しい。彼の演技も年を重ねることによってどんどん魅力を増しています。主人公たちを見守ってくれる理想的な上司を良い味を出して演じてくれるだろうと思います。

(30代・女性)

もっと読む

刑事ドラマでは、まったくキャラクターが違うバディものは今まで数多く作られておりますが、今回は刑事同士ではなく、刑事と検事というコンビなので、どのように事件を解決へと導くのか二人のやりとりが楽しみです。また、脚本がNHK連続テレビ小説「まんぷく」の福田靖氏が手掛けていることにも注目しています。事件を解明するというサスペンスの中にユーモアを取り込んだ、コミカルで思わず笑ってしまう内容という事なので、あまり重い気持ちにならず、視聴できそうです。クライムサスペンスもスリリングでハマりますが、明るいコメディタッチの刑事モノもキャラクターに愛着がわいて楽しめそうです。

(30代・女性)

元体育教師の刑事役が桐谷健太さんと言うことで、熱すぎる刑事になるとおもう。桐谷健太さんにぴったりの役どころと思った。また東出昌大さんはお堅い検事役とこれもぴったりだと思った。二人はでこぼこな感じがするがいいバディになりそうな予感がする。脚本も「ガリレオ」や「まんぷく」の福田靖さんなので絶対いいどらまになると期待してしまいます。他のキャストも風間杜夫さん、柳葉敏郎さんなどの個性的な大御所や若手でいま旬な今田美桜ちゃんや磯村勇斗さんも出演するので楽しそうなドラマになりそうです。犯人を捕まえるだけではなくヒューマンなドラマになってほしいと思います。

(50代・女性)

主役や話のあらすじは、ちょっと変わった内容だなとしか思いませんでした。ですが、初回に馬場徹さんがゲスト出演されると掲載されていたので、俄然見たくなりました。
というのも、別のドラマでクズな刑事役がとっても良かったのです。もともと舞台俳優なので表情が豊かに動くので、ドラマを見るとどんなにチョイ役でも存在感があるのです。そして、今回は犯人役という、まさしく悪役なのです。主役の桐谷健太さんが扮する刑事役の元教え子という関係で、どうやって2人が絡むのかなと個人的に楽しみにしています。おそらく内容そっちのけで。

(30代・女性)

桐谷健太さんと東出昌大さんのダブル主演の刑事ドラマです。桐谷さんのドラマは久しぶりのような気がしますね。桐谷さんは刑事役で出演されるようで、桐谷さんらしい熱血刑事を演じます。それに対する冷静なエリート検事役として東出昌大さんがバディー役としてドラマに出ています。熱血刑事とエリート検事のバディー者のドラマと言うことで、事件をどういう風に解決していくのか楽しみですね。脇を固めるのは柳葉敏郎さんなど大御所の俳優さんが出演されています。桐谷さん演じる豪太はかなりの熱血刑事みたいなので、現場をどれくらい振り回してくれるか面白そうです。サスペンスとちょっと面白いユーモアが混ざり合ったドラマなので、シリアスな部分と軽快な感じが絶妙に混ざったドラマになると思います。

(30代・女性)


■ U-NEXT

  • 31日間無料お試し期間あり!
  • 解約は自由で、違約金や契約期間縛りなども一切なし!

まずは無料登録↑
1,000円分のポイントGET!