「グッド・ドクター」の動画を見逃し無料視聴!【第1話から最終回まで】

グッド・ドクター
放送情報

ドラマ「グッド・ドクター」が現在再放送中です!
無料視聴などの情報は下記の詳細をチェック!

「グッド・ドクター」動画視聴

FODプレミアム

FODプレミアムでは2週間無料お試しキャンペーンを実施中!

初めて登録するユーザー限定で、2週間間無料でFODプレミアムを利用できます

詳しくはコチラ

公式見逃し配信 配信状況
TVer
FOD見逃し無料

TVerとFOD見逃し無料について

  • どちらも公式の見逃し配信サービス
  • 視聴できるのは放送中の新作ドラマの最新話のみ(FOD見逃し無料に関してはフジテレビ放送の作品のみ)
  • 配信期間はTV放送終了後から1週間(原則)
  • 無料で視聴できるが広告が流れる

動画配信サービス 配信状況
FODプレミアム ○(見放題)
Hulu ×
U-NEXT ×
Paravi ×
Netflix ×
Amazonプライム ×

FODプレミアムについて

  • フジテレビ公式の動画配信サービス
  • 最新話に加え過去話も配信
  • 2週間の無料お試し期間あり
  • 広告配信もないのでストレスなし

■ 見逃し動画視聴まとめ

  • TVerやFOD見逃し無料では1週間無料配信
  • 視聴するならFODプレミアム

「グッド・ドクター」のみどころはココ

■最もピュアな小児科医!

2018年に放送されたドラマ「グッド・ドクター」は、山﨑賢人主演の医療ドラマ。上野樹里と藤木直人、そして柄本明らベテランが脇を固めます。天才医師や、医療体制に反旗をあげるドクターの医療ドラマはたくさんありますが、なんと言ってもこのドラマの特徴は、主人公が自閉症スペクトラム(サヴァン症候群)であること。人との“一般的な”コミュニケーションは苦手だけど、記憶能力が優れていて、嘘がつけない“ピュア”な性格に、思わず応援したくなります。

■人とは違う、でも、だからこそ見えるものがある

主人公・新堂湊は小児科医の新人レジデント(研修医)。幼い頃から優しい兄に「医者になれる」と言われ、ついに念願が叶うが、トラブルもたくさん。そのたび、湊ならではの独特の視点で鋭い洞察力を発揮し、だんだんと資質を認められていきます。「ふつう」と「ふつうじゃない」を分けるものは何だろうと、改めて考えさせられるドラマです。

みどころを書いた人

JUN

JUN

ドラマ歴25年。トレンディドラマやミステリー、恋愛、医療などあらゆるジャンルの作品を視聴。

各話の動画視聴

第8話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

■TVerでの第8話配信期間

配信開始:2020年5月28日(第8話TV放送終了後)
配信終了:2020年6月04日(第9話TV放送開始前)

※TVerやGYAO!での配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第8話 大病を患う幼い命・・・ 家族が抱えるそれぞれの想い・・・

新堂湊(山﨑賢人)は森下伊代(松風理咲)の恋にお付き合い。伊代は滝川亮平(萩原利久)が好きなのだが、恥ずかしくて声をかけることすら出来なかった。湊には伊代の気持ちがわからない。病と闘いながらも入院生活を少しでも楽しく過ごそうとする子どもたちがいる一方、深刻な問題に直面する子どももいる。
瀬戸夏美(上野樹里)は患者の早見陽翔(鳥越壮真)と母、香織(酒井若菜)と長男の翔太(池田優斗)を心配していた。香織は高山誠司(藤木直人)に陽翔を診てもらうため翔太を連れ、夫を残して東京へ来ている。夏美は香織の看病疲れはもちろんだが、陽翔のために転校した翔太の環境の変化も気にかけていた。
夏美と湊が回診に行くと、陽翔が次の日曜日に外出したいと願い出る。湊が、外出には高山の許可が必要だと説明していると、香織が階段から転落して運ばれて来たと連絡が入った。病室に運ばれた香織は、命に別状のあるような怪我はなかったが「陽翔には今日は家の用事で行けなくなったと話して欲しい」と夏美たちに頼む。すると香織に付き添ってきた翔太が部屋を出て行く。
湊は翔太を追いかけ、陽翔の病室に案内しようとする。だが、翔太は湊の言葉を聞こうともせずに去ってしまった。湊は翔太がなぜトゲトゲしくなっているのか理解出来ない。
その日、湊は帰り道に酔っ払って管を巻く男に出くわす。それは間宮啓介(戸次重幸)。間宮も翔太のようにトゲトゲしいと湊は感じる。

出典:『グッド・ドクター』|FOD

ネタバレ▼ある日、早見陽翔という患者が外出したいと言い出し瀬戸が高山に確かめに行くとまだ外出許可を出すわけにはいかないと言われてしまう。一方、陽翔の母親は階段から落ちて怪我をしてしまい病院に運ばれてくるのだった。その後、長男の翔太が弟の陽翔にわがままを言うなと説教をして自分は我慢ばかりしていると母親に気持ちを打ち明ける。そして、陽翔の腫瘍から出血していることがわかり新堂は間宮なら助けられると思い誠心誠意頼むと手術を承諾してくれる。その後、なんとか陽翔の手術は成功して駆けつけた翔太は弟が助かり安心する。そして、家族揃って病院の敷地内で花火を楽しむ事になる。そこで、陽翔と翔太は仲直りをして医師たちに感謝するのだった。

陽翔が外出したがっていたのがとても可哀想でした。香織が陽翔のことをすごく心配していたのがとても優しいなと思います。翔太が湊に口が悪かったのがとても面白くてよかったです。翔太に友達から写真が送られてきていたのがとても可哀想でした。

(30代・男性)

家族の病気は下手すると一家崩壊しかねないよね。その我慢させてるのが子供なら尚更。病気になったのは弟のせいじゃない、それが分かっているから兄も辛い。2人を同時に愛してるけど母の体は一つだもんね。小児科あるあるなんだろうな。

(40代・女性)

病気を持つ子どもの兄弟のことを『兄弟児』と呼ぶとは知りませんでした。まだ、小さい子どもだったら、病気の子どもが大変なのはもちろんのこと、その兄弟も親に構ってもらえない寂しさなどを抱えているのだろうなと思いました。

(30代・女性)

酒井若菜さんがお母さん役で出ていたのですが実は彼女がドラマに出ているシーンというのは木更津キャッツアイで止まっているのですごくびっくりしてしまいました。こんなにも時が経っていたのだと少しセンチメンタルな気持ちになりました。

(30代・男性)

今回、きょうだい児の宿命、というある意味おっきなテーマみたいだなと思ったら。自分も病気でちいさいころは入院してばかりだったから、今回のドラマでは病気の子供の兄弟姉妹への影響というものをものすごく考えさせられてしまう。

(30代・女性)


第7話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

※TVerやGYAO!での配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第7話 元小児外科患者が再入院!結婚直前の2人に悲劇が・・・

小児外科でカンファレンスが行なわれている。新堂湊(山﨑賢人)は高山誠司(藤木直人)から森下伊代(松風理咲)の肝障がいへの対処法を聞かれ、正確に答えた。高山は湊を伊代の担当医に任じるが、同じレジデントの中島仁(浅香航大)は面白くない。瀬戸夏美(上野樹里)は自分にもわからなかった対処法なので仕方がないと中島を慰める。
夏美を訪ねて倉田菜々子(福田麻由子)が病院に来た。菜々子はかつて夏美が担当した患者。現在は保育士として働く菜々子は、同僚の馬渕健太郎(藤原季節)からプロポーズされたが卵巣摘出手術を受けたことを言い出せないでいた。そこで、夏美から健太郎へ話して欲しいというのだ。夏美は健太郎に説明する。卵巣がひとつ残っていれば妊娠も可能だと言う説明に健太郎は、気持ちは変わらないと答えて結婚へと進むことになった。
一方、高山は東郷美智(中村ゆり)から別れを切り出された。経営者として小児外科廃止へ向かう美智は、高山とは一緒にいられないと告げる。高山もチームを必ず守ると別れを承諾。院長室を訪ねた美智は司賀明(柄本明)にも病院の方針を告げた。その時、美智はがん医療センターと印字された封筒を見つけてしまう。
菜々子は母の良枝(山下容莉枝)に健太郎との結婚を報告。だが、菜々子は激しい頭痛に見舞われて東郷記念病院に緊急搬送された。菜々子の担当医は良枝の希望で夏美となり、伊代と同じ病室に入院する。菜々子は脳に異常はなかったが・・・。

出典:『グッド・ドクター』|FOD

ネタバレ▼湊の働く東郷記念病院の小児外科でカンファレンスがあり、対処法を提案できた湊が肝障害の伊代の担当になった。
昔、入院していた倉田菜々子が、夏美を訪ねてくる。職場の同僚にプロポーズされたことを報告に来たのだ。しかし菜々子は、相手の健太郎に片方の卵巣摘出の手術をしたことを話せずにいた。夏美は菜々子とともに、そのことを話す。結婚は考え直してという菜々子に、健太郎は気持ちは変わらないと言う。
そんな菜々子が、激しい頭痛を訴えて運ばれてきた。脳には異常はなく、夏美が担当することになり、菜々子は伊代と同室になった。
理事長の美智は、高山と別れる決心をする。小児外科をなくす計画があり、高山に申し訳なく思っていたのだ。
院長の司賀は癌に冒されていた。司賀は高山に、何かあれば湊のことを頼むと言う。
菜々子の頭痛は、卵巣の腫瘍が原因だった。もう一つの卵巣を摘出すると、妊娠は望めなくなる。
菜々子が発作を起こした。夏美は健太郎に、菜々子からのサヨナラを伝える。湊には、好きでも別れていく人の気持ちが理解できない。
菜々子の手術が始まった。腫瘍は悪性で、卵巣全摘出となってしまう。
健太郎は、菜々子の手術が終わるのを待っていた。湊が、菜々子を治せるのは健太郎だけだと話したのだ。改めて菜々子にプロポーズする健太郎。
「100万回生きたねこ」のように、たった一人の大切な人と出会うことができたのだった。

今回は、倉田菜々子が緊急搬送されてきました。私は、菜々子の頭痛の原因が気になりました。その後、「卵巣奇形腫」という診断がされましたが、菜々子ショックだったと思います。司賀明は体調が良くないようなので、早く治療をしたほうがよいのではと思いました。

(40代・男性)

入院生活のながい伊代ちゃんが患者さんの中でイケメン見つけて喜んでたけど、入院生活が長いと院内で楽しみ見つけるしかないんだなって思いました。湊にイケメン患者の事を調査させてたけど伊代ちゃんの積極性に驚きました。

(50代・女性)

女の子にとって卵巣を失うってどれだけ深い悲しみだろうか。自分が母だったらどうやって娘を支えよう。結婚してから不妊がわかってギクシャクする夫婦もあるけど、初めは良くても後で子供が欲しいって言ってくる男性もいるもんね。難しいな。

(40代・女性)

理事長の美智は東郷記念病院を高齢者の療養型病院にする、と司賀院長に報告してました・・。高山に「自分がいなくなったら湊をよろしくお願いします」と言ったのが切なかったです。美智が猪口副院長に騙されていそうで、病院は大丈夫なのか心配です。

(40代・女性)

以前、卵巣摘出手術を受けた奈々子が「プロポーズされた」と瀬戸先生に報告に来たのですが、赤ちゃんの事を考えると悩みますね。瀬戸が恋人の健太郎に説明した後でホッとして泣いた奈々子の様子がたまらなかったです。

(40代・女性)


第6話
再放送 2020年5月14日(木曜)

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

※TVerやGYAO!での配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第6話 私の赤ちゃんを救って・・・。湊が挑む!母体か子どもか

新堂湊(山﨑賢人)の転科は、瀬戸夏美(上野樹里)の高山誠司(藤木直人)への助言も得て無くなった。高山から当直医も任されることになった湊は、さらに生き生きと働き出す。だが、夏美は湊が心配。湊の父、航(遠山俊也)から連絡先が書かれたメモを渡して欲しいと頼まれていたからだ。湊が航から虐待を受けていたことを知る夏美は、司賀明(柄本明)に相談。すると司賀は、この件は自分に預けて欲しいとメモを預かった。
高山は医局に湊たちを集める。そこには産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)が来ていた。皐月の要件は出産間近の患者、水野理香(篠原ゆき子)のこと。理香の胎児にリンパ管腫が見つかり、このままでは正常な分娩が出来ない。そのため、帝王切開の分娩時に臍帯(さいたい)を切り離さず血行を確保したまま胎児に処置を行うEXITという手術を、皐月は小児外科医に依頼する。だが、理香は周産期心筋症を患っているため胎児の処置は30分以内で終わらなければならない。リスクを伴う手術に間宮啓介(戸次重幸)は反対する。だが、高山は患者が望むならと請け負い、助手に夏美と湊を指名した。
湊と夏美は病室へ行き、子どもだけでも助けて欲しいという理香の強い思いを知る。湊は高山から渡されたEXITに関する大量の文献を読み漁った。だが、その帰り道、湊は航に声をかけられる。怯える湊を、会いたかったと抱きしめる航。湊は航と食事に行くことを約束する。これを知った夏美は司賀に報告して・・・。

出典:『グッド・ドクター』|FOD

ネタバレ▼湊の父が病院に現れ、湊の父は司賀院長からお金を渡され、過去の湊と兄が事故で兄を助けることが出来なかった担当の司賀は、湊が父から虐待されていることを知り気にかけていた。 産婦人科の患者・理香の胎児にリンパ管腫が発見され 手術を担当する高山は夏美と湊を助手として指名する。理香が病状が悪化して狭心症を起こし手術が必要となり、夏美は兄のことを思い出し苦しんでいる湊に連絡して、湊の力が必要だと懇願する。兄を慕っていた湊は理香の夫に自分の過去を重ね、理香と赤ちゃんを助けたいことを告げる。理香の夫から手術の許可を得て、短時間でのEXITの手術が開始され困難な手術の危機に、湊の見事な意見が優先され無事に母子とも救出される。そして湊は自分が助けられた意味を知る。

父親に再会して、立派になったなと言われて喜ぶ湊。でも父親は、昔、湊が助かる代わりに兄が死んだことで湊を憎んでいることを知り、傷つく湊と、彼をその頃からずっと見守り続けてきた司賀先生の、悲しいけれど強い絆を感じました。そんな中で、患者の妊婦の容態が急変し、母親か胎児か、どちらを助けるか選択を迫られる家族と医師たち…でも湊は、どちらも助けたいと言います。兄との約束を叶えるため、また医者への道を進み始める湊は、またひとつ成長した姿を見せてくれました。

(50代・女性)

進堂の父親が、進堂に兄が死んだのは進堂のせいだと言って攻める場面があるのですが、このシーンで父親が「お前なんかいなければよかった」と言ったことがすごくショックでした。絶対に進堂も傷ついたと思いました。

(30代・男性)

私は韓国版のグッドドクターを拝見したことがあるのですが、山崎賢人さんと上野樹里さんは個人的に役柄とミスマッチな感じがするのでちょっと残念に思います。どちらも素敵な俳優なのでもっと違った役柄で拝見したかったです。

(40代・女性)

私は、司賀明が湊の父・航にお金を渡すシーンが印象的でした。司賀は、湊を守ろうとしたのではと思いました。司賀は、子供時代の湊をしっかりとサポートしていて、責任感のある男性だと思いました。湊の兄は「湊、医者になれ」と言いましたが、湊の心の支えだと思いました。

(40代・男性)

進堂がレストランで一人ずっと待っている場面が印象に残りました。なんだか音楽と相まってすごく悲しい場面に見えて見るのがとても辛かったです。その後、進堂が父親と会うのですが金と引き換えに進堂に会わない契約をしていたのがすごく悲しかったです。

(30代・男性)


第5話
再放送 2020年5月7日(木曜)

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

※TVerやGYAO!での配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第5話 天才少年の歌声が病魔に!湊、小児外科医をクビ・・・?

東郷記念病院の大部屋では新堂湊(山﨑賢人)や橋口太郎(浜野謙太)たちが患者の子どもたちとテレビを食い入るように見ている。番組には天才ボーイソプラノ歌手、羽山響(城桧吏)が素晴らしい歌声を披露していた。特に患者の武智倫太朗(斎藤汰鷹)は響の大ファン。そして、倫太朗たちは院内で行われるお楽しみ会で合唱を披露することになっていた。
その響が喉の不調を訴え、父の徹郎(三浦誠己)に伴われて東郷記念病院に来た。瀬戸夏美(上野樹里)が診察すると、喉がひどい炎症を起こしている。カンファレンス室で響の造影CT結果を見ながら意見を交わす医師たち。すると高山誠司(藤木直人)が湊に所見を求めた。湊は画像から下咽頭梨状窩瘻と判断。高山が正解だと告げると喜ぶ湊。しかし、夏美は高山が湊を画像診断科に転科させると言っていたことが気になっていた。
響には早急の手術が必要だったが、喉の手術のため術後に高音が出なくなることが懸念される。夏美の説明に徹郎は、歌手である響にそんなリスクのある手術は受けさせられないと反発する。
ともかく入院することになった響。それを知った倫太朗たちは大喜び。湊は倫太郎たちと響の個室に行く。だが、響は倫太朗たちに冷たい。また、湊が響を倫太朗たちの合唱に誘おうとしたと知った徹郎の怒りも買ってしまう。その後、さらに響の早急な手術を求めた湊は徹郎とぶつかってしまい、高山から転科を直接求められることになった。

出典:『グッド・ドクター』|FOD

高山先生の弟が自閉症だったと知ってすごく驚きました。亡くなり方がすごく衝撃的でした。なんで今まで湊先生にきつく当たっていたのかすごく納得しました。自立させても結局不幸にしてしまうと思ったからなのかなと思います。今回入院してきた響くんが最終的にお父さんと元の親子の関係に戻って本当によかったなと思います。

(20代・女性)

自閉症の湊が高山の弟と重なっていたことで、湊を優しく見守っていたと感じた。美しい歌声の天才歌手の響が、喉の手術が必要となることで高音が聞けなくなるのかと心配だった。響の父親から湊に感謝の気持ちを捧げ、湊の素直な反応が良かった。

(50代・女性)

無理に歌って有名にさせることだけではないと思いました。才能を伸ばそうとしていて無理に音楽をさせていたことがわかってくれるまでにとってもかかってしまいましたが、歌っていることが響くんには学校を楽しむことを優先させた方が良かったのだと思いました。

(30代・女性)

子どもを商売の道具のように扱う父親を許せないと思いました。新堂先生は自閉症だけど、誰よりも人の気持ちを理解しているように感じました。素直で何も忖度しないしないところは、トラブルの元でもありますが、誰かにとっては救いになることもあると感じる回でした。

(20代・女性)

私は、武智倫太朗の容態が急変してしまったシーンが印象的でした。歌を歌う準備している時だったので、残念だったと思います。倫太朗の仲間たちは、とても心配したと思います。病院の子供たちは、病気と闘いながら懸命に生きているということが伝わりました。

(40代・男性)


第4話
再放送 2020年4月30日(木曜)

▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第4話 身元不明の少女を湊が初担当!?少女の悲しい秘密

新堂湊(山﨑賢人)は瀬戸夏美(上野樹里)と綾瀬奈緒(川島夕空)の病室に行く。術後の不快感を訴える奈緒だが、稚拙なために夏美は要領を得ない。すると傍らで聞いていた湊が症状を言い当てた。奈緒や心配していた同室の子どもたち、夏美も湊に感心。
湊と夏美が病室を出るとナースステーション付近で騒ぎが起きていた。緊急搬送された少女が暴れていたが、湊が近づくと静かになる。少女はオペが必要なのだが、一切話をしないので身元がわからない。しかし、湊は自分が担当医になると高山誠司(藤木直人)に願い出る。高山や夏美、医局のメンバー全員が反対するのだが、間宮啓介(戸次重幸)が来て湊を少女の担当医にしてしまう。間宮は湊に問題を起こさせようとする猪口隆之介(板尾創路)の指示で動いていた。
湊は張り切って少女を診るが、心はなかなかほぐれない。そんな時、少女の母親、大石薫(瑛蓮)が名乗り出て病院に来た。少女の名はあかり(高松咲希)。湊は薫にあかりの病状を説明、夏美は言葉を発さない理由を尋ねる。薫は自分があかりの継母だからかもしれないと話した。
薫が帰ると湊は一緒に絵を描こうと、あかりに話す。薫が持って来たあかりのバッグにお絵描きノートが入っていたからだ。しかし、湊がバッグに触ろうとすると、あかりが奪い取る。夜、湊があかりの病室に行くとお絵描きノートが落ちていた。拾い上げた湊に、あかりが「誰にも言わないで」と話しかけて・・・。

出典:『グッド・ドクター』|FOD

ネタバレ ▼公園で倒れた身元不明の少女が、東郷記念病院に運ばれてきた。湊が担当医となる。しかしそれは、湊に問題を起こさせようとする副院長の策略だった。少女の母親・薫が病院に現れた。少女の名前はあかりと言い、薫は本当の母ではなかった。湊は夜に病室で、あかりのお絵かきノートを見てしまった。「誰にも言わないで!」と言うあかり。薫は、あかりを転院させたいという。湊は、あかりを転院させまいと連れ出すが、そこにあかりの父が来てあかりを取り返す。湊は、薫に暴力を振るったとして自宅謹慎をさせられる。あかりが病室からいなくなった。湊は公園であかりを見つける。そこはあかりの、父と亡くなった母との思い出の場所だった。あかりの容態が急変し、緊急手術となる。あかりのノートには、父が出張に行っている間の薫からの虐待が綴られていた。父のために痛みも我慢し、何も言わなくなったあかり。父は薫に、二度とあかりに近づくなと言い放つ。手術は成功し、目覚めたあかりに湊は「お父さんに本当のことを言いましょう」と言う。薫といる時の父の笑顔を見て、今度は自分が我慢する番だと思っていたあかりが、「本当はお父さんと二人がいい」と告げる。そんな二人を優しく見つめる湊だった。

身元不明少女を病院が預かるということになり、湊が今回担当として関わっていました。子供の保護者と湊が一悶着を起こしてしまったのですが、最近では病院内でのトラブルを防ぐためにも防犯カメラがあっても良いのではないかと思いました。

(30代・男性)

一体どうして湊は『画像診断科』に行かされるんでしょうか・・?せっかく、あかりちゃんの手術の助言もして、立派な担当医にもなれたと思ったのに・・。高山は、猪口と間宮の悪だくみを知っているはずなんですが、何か考えがあるのでしょうか?

(40代・女性)

運び込まれたあかり暴走にも全く動じない担当医となった湊の仲良くなろうと、衰弱していたあかりに必要な栄養素が含まれる点滴を分かりやすく説明する懸命な姿が素晴らしく、ここまで出来るのは子どもの気持ちが理解出来る湊だけだろうなと感じる。

(30代・男性)

あかりちゃんを湊が見つけて本当に良かったです。しかも緊急手術時に湊も入れて助言出来て・・先生らしくなりましたね。あかりちゃんの継母が、実はあかりちゃんを虐待していてビックリしました。パパの為に我慢していて・・子供って健気だと思いました。

(40代・女性)

医師としては、見かけでは頼りなく見える山崎賢人さんを、すんなり受け入れる母親は、なかなかいないと思いましたが、継母だと聞くと、(なるほど、そういうことか…)と思ってしまいました。腕は確かでも、初対面から受け入れるのは難しいだろうなと思います。

(30代・女性)


第3話
再放送 2020年4月23日(木曜)

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerやGYAO!での配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第3話 病院をたらい回しされた少女!救いたいだけなのに・・・

新堂湊(山﨑賢人)は病院のガイドラインを破ってしまった。問題となった新生児の手術は、高山誠司(藤木直人)が成功させたものの、責任の所在が問われることに。高山は全ての責任は自分にあるとして、謹慎処分を受け入れた。
高山のいない小児外科は大忙し。しかし、高山を謹慎に追いやった張本人のはずの湊は、周囲の目から見ると責任を感じているようには見えない。瀬戸夏美(上野樹里)にも負担がかかるが、彼女の目下の問題は翌週に手術を控えた石山舞(中島琴音)の説得。夏美は怖がる舞に、手術を優しく解説した絵本を描いて渡した。その時、夏美にERから連絡が入る。
病院に運び込まれたのは6歳の市川美結(竹野谷咲)。病院をたらい回しにされ、すでに発症から4時間以上が経過していて容態は重篤だった。夏美は高山に連絡するが繋がらない。謹慎中の高山は、東郷美智(中村ゆり)と久しぶりに2人で過ごしていたのだ。
美結の両親である英雄(髙橋洋)と詩織(前田亜季)は、どうか娘を助けて欲しいと処置室で湊と夏美にすがりつく。美結の様子を見た湊は、一目で緊急手術が必要だと夏美に訴え出す。間もなく美結が心停止。夏美の懸命な心臓マッサージで一命を取り留めた時、間宮啓介(戸次重幸)がやって来た。間宮はすでに美結を手遅れだと判断し、他の病院に回すよう告げる。自分が手術をすると決意する夏美。
そして美結の手術が始まろうとした時、ようやく高山と連絡が取れる。高山は自分が到着するまで、美結の命をつなぐよう指示するが・・・。

出典:『グッド・ドクター』|FOD

第2話
再放送 2020年4月16日(木曜)

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

■TVerでの第2話配信期間

配信開始:2020年4月16日(第2話TV放送終了後)
配信終了:2020年4月23日(第3話TV放送開始前)

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第2話 女子高生が未熟児を緊急出産!小さな命を守りたい・・・

新堂湊(山﨑賢人)は問題を起こしながらも東郷記念病院小児外科でレジデントとして働くことになった。
そんな時、女子高校生の菅原唯菜(山田杏奈)が学校で破水して救急搬送されてきた。カンファレンスで瀬戸夏美(上野樹里)は唯菜の緊急出産を報告。赤ん坊は低出生体重児で、腸のほとんどが壊死状態で壊死性腸炎が認められると続けた。しかも、唯菜はこれまで検診を受けたことがない未受診妊婦だった。
その頃、病院の廊下で雑用をしていた湊は歩いて行く唯菜を見つける。唯菜はNICU(新生児集中治療室)で保育器に入れられたわが子にしきりに謝罪していた。すると湊が、このままだと赤ちゃんは死んでしまうが助かる方法はあると言ってしまった。
唯菜の病室に検診に行った夏美は、高山誠司(藤木直人)の手術なら助かると湊が言ったと聞いて驚く。夏美からの報告を受けた高山は湊をきつく叱る。高い術中死がともなう手術はせずに、温存治療で赤ちゃんの回復を待つという医局の方針に反していたからだ。湊は夏美からも唯菜の病室やNICUには行くなと言われてしまう。
子どもを助けたい一心の唯菜は、夏美に手術をして欲しいと食い下がる。だが、未成年の唯菜では保護者の手術の同意書が必要だと夏美が諭す。すると唯菜の母、真紀(黒沢あすか)がやって来た。唯菜の妊娠、出産を責める真紀は手術同意書へのサインを拒否する。
夏美に叱られながらもNICUへ通う湊は、赤ちゃんの診断画像からあることに気づいた。

出典:『グッド・ドクター』|FOD

ネタバレ ▼湊が勤める東郷記念病院に、16歳の女子高校生・唯菜が緊急搬送されてくる。唯菜は破水をしていたため緊急出産したが、生まれてきた子は低出生体重児で、腸のほとんどが壊死状態であり壊死性腸炎が認められることを夏美は報告する。さらに唯菜は定期検診をこれまで一度も受診したことがなかく、赤ちゃんの父親がどこにいるのかも知らないと答えていた。 そんな中、湊は治療室で保育器に入れられた自身の子を、心配そうに見つめていた唯菜に声を掛けられる。唯菜にこの子はこのまま死んでしまうのかと問われた湊は、助かる方法があると答えてしまう。そして唯菜の病室を訪れた夏美は、いつ手術をしてくれるのかと問われる。驚く夏美に、唯菜は湊から高山なら助けてくれると言われたことを話す。

湊が病院で走っていたのがとても面白くてよかったです。湊がいろんなことを知っているのがすごいと思います。高山が湊が正しいと言ったのがとてもビックリしました。高山が手術を成功させたのがとてもすごいと思います。

(30代・男性)

赤ちゃんの手術のための同意書にはサインをする、でも養子に出す条件。それの条件をのむのも、藁をも掴む思いだったんだろうなと。でも、お母さんになる準備が出来たら迎えに行ってあげればいいという言葉がとても胸に刺さった。

(30代・女性)

あんなに小さな命のために何人もの医師が頑張ろうとしていて、否定するものもいるけど、それを振り切って手術に挑もうとしてくれるあたりが素敵すぎる。新堂の的確な話がすごいなとつくづく思うし、院長の落ち着きのおかげでみんなが一致団結してる。

(20代・女性)

学生で出産したものの、子どもは超未熟児ということで病院は術中死の可能性が高いと諦めているところを湊だけが諦めずに助けることを考えて頑張っていたことに感動的しました。そして、その赤ちゃんも少し体調が改善されたことで手術ができるようになったことに泣けました。

(40代・男性)

高山先生に、赤ちゃんは生きたがっているから助けてほしいと伝えるのがすごい。赤ちゃんの力で少し回復できたことをしっかり保護者に伝えて、お母さんは何で同意書にサイン出来ないのか怒りしかない。助かるかもしれないなら手術してほしい。

(20代・女性)


第1話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerやGYAO!での配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第1話 最高にピュアな小児外科医誕生!幼き命を守るために闘う医師たちの感動作

幼い頃から小児外科医になることを夢見ていた新堂湊(山﨑賢人)にとって今日は記念すべき日だ。なぜなら、あと数時間後にはレジデントとして、東郷記念病院の小児外科で働けるのだから―。
東郷記念病院の小児外科はいつもの通り多忙を極めていた。一人前の小児外科医を目指して日々激務をこなしている瀬戸夏美(上野樹里)も、食事をとろうとした矢先、患者のことで携帯で呼び出され休む間もない。
そして今日は、小児外科のエース・高山誠司(藤木直人)も出席し、小児外科長の間宮啓介(戸次重幸)、理事長の東郷美智(中村ゆり)、副院長の猪口隆之介(板尾創路)、院長の司賀明(柄本明)らが一堂に会し経営会議が開かれていた。そこで司賀から、小児外科に今日からレジデントとして新堂湊という青年を招くことが告げられる。
湊の履歴書が配られると、自閉症スペクトラム障がいであるという記載にざわめきが起こる。司賀は、湊が驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群であり、医師としての能力も高く、必ずや東郷記念病院の力となってくれるはずだと説明をする。
そんな会議のことなどつゆ知らず、病院へ向かう湊は大事故に遭遇。看板が倒れ、子供が血を流して倒れている。わき起こる悲鳴。助けを求める母親の叫び。たまたま居合わせた医師が名乗り出て、応急処置をほどこそうとすると・・・
「ダメです!それだと死にます!」
子どもの元へ、湊が駆けつけた。

出典:『グッド・ドクター』|FOD


▼ほかの回はFODプレミアムで配信中!

最終回・第10話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerやGYAO!での配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第10話 すべての子供が、大人になれますように。小さな命を繋ぐための最後の闘い

東郷記念病院は小児外科の廃止へと向かっていた。だが、新堂湊(山﨑賢人)はステージ4のガンで倒れた司賀明(柄本明)に病室で付き添っている。これまでずっと支えてきてくれた司賀の病状を初めて知り、湊はショックを隠せない。その時、湊に森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入る。司賀に、今心配すべきなのは自分ではなく子どもたちだと促された湊は、伊代の病室へ急ぐ。
瀬戸夏美(上野樹里)ら小児外科医を集めた高山誠司(藤木直人)は、伊代が肝硬変も患っていると話す。そして、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術が必要だと続けた。しかし、伊代は小腸の移植も予定されている。高山は肝臓と小腸の同時移植以外に伊代を助ける方法はないと告げるも、小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山ですら行ったことがない。そこにER(救急救命室)から川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入る・・・。

出典:『グッド・ドクター』|FOD


第9話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerやGYAO!での配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第9話 何回手術すれば気が済むの?すれ違う姉妹の想いに湊は・・・

新堂湊(山﨑賢人)は、瀬戸夏美(上野樹里)や高山誠司(藤木直人)たち小児外科チームの一員として認められてきた。そんな時、東郷記念病院の経営を立て直すために病院を高齢者向け療養施設にする改革案が会議で可決される。小児外科と産婦人科の年内廃止も決定されてしまった。
湊が担当する森下伊代(松風理咲)が倒れた。湊は夏美とともに伊代の姉、汐里(松井愛莉)に病状を説明。伊代には小腸の移植が必要と聞いた汐里は、ドナーになると言う。また汐里は湊たちに、伊代には自分から説明したいと頼んだ。
高山は脳神経外科の盛岡豊(東根作寿英)から、患者の滝川亮平(萩原利久)についての相談を持ちかけられる。亮平はバスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症。通常なら脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔に流す手術を行うのだが、亮平は腹膜炎の既往で腹腔にひどい癒着があるため、この方法が取れない。また、盛岡は亮平が頭を打った時に腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になることも話す。それは両親の希望で亮平には伝えていないと言う。高山は自分たちに出来ることをするだけだと、小児外科チームにまずは水頭症の治療法を見つけることを指示する。
亮平は伊代のいる小児外科フロアに移されて来る。病室が近くなり大喜びの伊代だが、自分の症状やドナーの件は、まだ汐里から知らされていなかった。一方、夏美は担当となった亮平の病状を猪口隆之介(板尾創路)から聞かれる。

出典:『グッド・ドクター』|FOD


FODで無料視聴

FODプレミアムでの無料視聴のポイント

  1. FODプレミアムの2週間無料お試し体験に登録
  2. 「グッド・ドクター」の動画を視聴
  3. 無料お試し期間内に解約すると無料視聴できる
  4. 解約自由(違約金や日数縛りなどはありません)
  5. 解約は1分で終了

FODプレミアム無料お試し登録

■STEP1 無料お試し体験への登録ボタンを押す

FOD無料2週間

■STEP2 Amazonアカウントの情報を入力

FODアマゾンアカウントログイン

■STEP3 最終確認をして登録完了

FOD確認画面へ進む
FOD配信作品

FODで配信している作品

■「山﨑賢人」関連作品

好きな人がいること

水中ヤンキース

水中ヤンキース

氷菓

氷菓

 

■「上野樹里」関連作品

監察医 朝顔

監察医 朝顔

のだめカンタービレ

素直になれなくて

 

■「藤木直人」関連作品

ラストシンデレラ

ラストシンデレラ

愛し君へ

心がポキッとね

他にも多数配信中!
まずは無料登録↓

FODプレミアム解約

FODプレミアム解約の注意ポイント

  1. FODのWEBサイトから解約手続き(アプリからはできません)
  2. スマホアプリを削除しただけでは解約にならない

FODプレミアムの登録・解約の方法詳細はコチラ↓

「グッド・ドクター」について

山﨑賢人さんが、フジテレビ初主演!
すべての子どもを大人にしたい、ただそれだけ―。
小児外科医の世界を舞台に、驚異的な能力を持つサヴァン症候群の青年のぬくもりが日本中を包み込む感動作!
山﨑賢人さん主演で、日本にたった0.3%しかいない小児外科医の世界を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマ『グッド・ドクター』をお送りすることが決定しました。
山﨑さんは、本作がフジテレビ系ドラマ初主演、初の医師役に挑むこととなります。

山﨑さんが演じるのは驚異的な暗記力を持つ一方、コミュニケーション能力に障害があるサヴァン症候群の青年・新堂湊(しんどう・みなと)。幼い頃から小児外科医になることが夢だった湊が、ある日、研修医として小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、そして子どもたちとともに成長していく姿を、あふれるほど情感豊かに描いていきます。

同時に、ただ子どもを救いたいだけという、子どものように純粋な湊は病院の慣例や都合と衝突し、さまざまなトラブルを起こしてしまいます。そんな時に発せられる湊や周囲の言動は“本当に良い医者とは?”ひいては“人としてどう生きるべきか?”という命題を、視聴者のみなさまの胸に深々と突き刺します。この夏、山﨑さん演じる湊が子どもたちを笑顔で包み、そしてみなさまを大きな感動で包み込む『グッド・ドクター』、ぜひご期待ください!

主人公、新堂湊は2人兄弟の次男として生まれ、先天的に自閉症スペクトラム障がい<※注:対人関係や言語の発達に偏りがある者。知的障がいは伴う場合と伴わない場合がある>ながら、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群<※注:特定の分野ですぐれた能力を発揮する者で、知的障がいや発達障がいを有することが多い>の青年。兄から、たゆみなく愛を注がれて過ごす少年時代、湊の才能に気づいていた兄は湊に、将来、医師になるよう勧めます。

その後、湊は兄とのとある出来事が理由で、町の診療所の医師・司賀明(しが・あきら)に出会い、医師の中でも小児外科医になりたいと思うように。司賀と仲良くなった湊は診療所に通い詰め、7歳の時にはすでに人体の器官をすべて暗記してしまい、そんな湊の能力に驚いた司賀は、湊が夢を叶えられるよう支えることを決意します。

膨大な医学書すらすべて暗記してしまう湊は、医学部を主席で卒業し、医師国家試験に合格。そして、大きな病院の院長となった司賀から、自身の病院の小児外科でレジデント<注:後期研修医のこと。医師免許を取得し、さまざまな科を回り臨床経験を積む2年の初期研修を終えた後、後期研修として3~5年、1つの科でさらに専門医を目指して臨床経験を積む専攻医>として働かないか、と声をかけられます。

司賀の誘いにより、レジデントとして小児外科で働くこととなった湊。その時は科内だけでなく院内の誰も想像すらしていませんでした。トラブルばかりを起こす湊から逆に、医師として大切なことを教えてもらうことになるとは。子どもという存在、医師という存在に、これほどまで深く向き合うことになるとは。「すべての子どもを大人にしたい」という湊のぬくもりが患者の子ども、兄弟、親、そして病院を変えていくことになろうとは―。

出典:『グッド・ドクター』|フジテレビ

グッド・ドクター(相関図)

キャスト(出演者)

新堂 湊・・・山﨑賢人
瀬戸夏美・・・上野樹里
高山誠司・・・藤木直人
間宮啓介・・・戸次重幸
東郷美智・・・中村ゆり
橋口太郎・・・浜野謙太

猪口隆之介・・・板尾創路
司賀明・・・柄本明

原作・主題歌など

原 作 : 「グッド・ドクター」(©KBS. 脚本 パク・ジェボム)

脚 本 : 徳永友一、大北はるか

音楽 : 得田真裕

主題歌 : 『Hikari』androp(image world/ZEN MUSIC)

脚本協力 : LiLy

医療監修 :
<小児外科>
浮山越史(杏林大学病院)
渡邉佳子(杏林大学病院)
川嶋 寛(埼玉県立小児医療センター)
<自閉症スペクトラム障がい>
西脇俊二(ハタイクリニック)

取材協力 : 高田哲也(日吉メディカルクリニック)

プロデュース : 藤野良太、金城綾香

協力プロデュース : 西坂瑞城

演 出 : 金井紘、相沢秀幸、野田悠介

制作 : フジテレビ


■ FODプレミアム

  • 2週間無料お試し期間あり!
  • 解約は自由で、違約金や契約期間縛りなども一切なし!

まずは無料登録↑