「DASADA」の動画を見逃し無料視聴!【第1話から最終回まで】

「DASADA」動画視聴

Hulu

Hulu(フールー)では2週間無料お試しキャンペーンを実施中!

初めて登録するユーザー限定で、2週間無料でHuluを利用できます

詳しくはコチラ

公式見逃し配信 配信状況
TVer ×
日テレ無料TADA! ×
GYAO! ×

TVerと日テレ無料TADA!とGYAO!について(配信はされていません)

  • どちらも公式の見逃し配信サービス
  • 視聴できるのは最新話のみ
  • 配信期間はTV放送終了後から1週間(原則)
  • 無料で視聴できるが広告が流れる

動画配信サービス 配信状況
Hulu ◎(全話見放題)
Paravi ×
U-NEXT ×
FODプレミアム ×
Netflix ×
Amazonプライム ×

Huluについて

  • 日本テレビ公式の動画配信サービス
  • 最新話に加え過去話も配信
  • 2週間の無料お試し期間あり
  • 広告配信もないのでストレスなし

■ 見逃し動画視聴まとめ

  • 過去話も含め全話視聴するならHulu

「DASADA」のみどころはココ

昨年2019年にデビューを果たしレコード大賞優秀作品賞も受賞した、今1番勢いのあるアイドルグループ、日向坂46がさらなる飛躍を目指してドラマに初主演します。自分たちの力でアパレルブランドを立ち上げるために奮闘する女子高生たちの青春群像劇は、キラキラしている彼女たちにぴったりのストーリーだと感じました。が特典映像での演技や舞台での演技経験があるメンバーもいますが、本格的な演技は初めてのメンバーがほとんどだと思います。歌番組ともバラエティとも違う、彼女たちの新たな魅力や表情が見られることを期待しています。

みどころを書いた人

JUN

JUN

ドラマ歴25年。トレンディドラマやミステリー、恋愛、医療などあらゆるジャンルの作品を視聴。

各話の動画視聴

<最終回>第10話 2020年03月18日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、日テレ無料TADA!での配信はありません

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

FACTORYのゲリラライブ会場から沙織(渡邉美穂)を連れ出したゆりあ(小坂菜緒)。
逃げ回り行き着いた先は、海。沙織はゆりあと久しぶりの会話をする。
そこには、出会ったころと変わらないゆりあがいた。
しかし、おちょこ(松田好花)に見つかりFACTORYに戻るように説得される沙織。
そんな二人を佐田洋裁店で待っていたのは真琴(齊藤京子)、せれな(加藤史帆)、いちご(佐々木美玲)、立花ちゃん(佐々木久美)、菜々緒(富田鈴花)の「DASADA」のメンバーだった。
これからの「DASADA」ついて7人は一つの決断をする。

出典:DASADA | ストーリー – 日本テレビ

ネタバレ▼近日更新

近日更新予定です。

(30代・男性)

第9話 2020年03月11日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、日テレ無料TADA!での配信はありません

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

おちょこ(松田好花)から「FACTORYに入らない?」と誘われた沙織(渡邉美穂)。
沙織は悩みながらも「DASADA」のみんなのもとに向かうが、ゆりあたちと衝突してしまう。
自分の居場所を失った沙織が選んだのは…
一方、デザイナーの沙織がいなくなり「DASADA」の解散宣言をしたゆりあ(小坂菜緒)は笑顔で明るくみんなと過ごしていたが、教室の窓側にあるひとつの空席だけが気がかりだった…。沙織はFACTORYとして順調に活動が進んでおり、おちょこやぐいのみ(東村芽依)と会話もできるようになっていたが、トックリン(河田陽菜)だけは話をなかなかしてもらえず悩んでいた。
そんなある日、FACTORYのゲリラライブが開催される事になったが、ライブ直前で衝撃の事実が分かり…

出典:DASADA | ストーリー – 日本テレビ

ネタバレ▼おじゃPからの提案で服の制作を工場に任せることを皆に話すゆりあ。さらにおじゃPは、沙織のデザインにアレンジを加えたものを新作とするという。それを知った沙織は反発するが、デザインは完成しておらず、おちょこに誘われたことも皆に知られてしまう。沙織は、おちょこに断る姿勢を見せていたのだが、それを言えずにその場を去っていく。ゆりあは「DASADA」の解散を告げた。その後、沙織は「FACTORY」のメンバーとして活躍するようになる。だが、プロデューサーの太田村から衣装デザインの採用という約束を破られた上に「FACTORY」の嘘の部分を知り、ショックを受ける。ゆりあは、沙織がデザインしたという衣装の写真を両親から見せられていた。沙織が外に出て泣き崩れているところへ、ゆりあが現れ手を差し伸べる。

8話の波乱の予感を感じさせるラストからやっぱり波乱を呼んだ9話でした。引き抜きからDASADAを解散するかというったゴタゴタに発展しますが、意外な展開にも驚きを隠せませんでした。アイドルによるドラマにしては面白いです。

(30代・男性)

さおりになにも言わずデザインを変えたゆりあに一瞬イラッとしたが、さおりがファクトリーに入ると言ってDASADAを抜けた時に、しゃおりさんのデザインがないなら解散と言ったところは感動した。ファクトリーの実態にガッカリしたが、最後にさおりが泣いている時ゆりあが来てくれてよかったと思った。

(20代・女性)

沙織の自分が思っていた事と現実が違いすぎて受け入れられず、ゲリラライブ前に泣き崩れてしまう気持ちは何となく分かる気がしました。そのシーンの渡邉美穂さんの演技はスゴく良かったと思いますし、今後は女優としての活動も期待できそうだなと思いました。

(40代・女性)

今回の放送を見ていて個人的に可哀想だなと思ったのは沙織が憧れだったFACTORYのメンバーになったのに、デザインが採用されることはなくFACTOY自体も大人が作り上げた虚像で沙織の目指すモノとは違っていた事が分かりショックだったと思います。

(40代・女性)

まさかダサダを抜けた沙織がファクトリーのメンバーとして活動していくなんて思いもしませんでした。新メンバーになって人気者になっていく一方で何故か寂しい気持ちも感じてみてしまいました。絶対に沙織も佐田のことが気がかりだったと思います。

(30代・男性)

第8話 2020年03月04日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、日テレ無料TADA!での配信はありません

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

奇跡的な偶然が重なりクリエイティブアイドルユニットFACTORY【ぐいのみ(東村芽依)/おちょこ(松田好花)/トックリン(河田陽菜)】の目に止まった「DASADA」。
FACTORYのSNS拡散により「DASADA」ブランドの洋服は最高の売れ行きを伸ばしていき、ゆりあ(小坂菜緒)は無事に佐田洋裁店の借金を全額返済できた。目標を達成しDASADAをどうするか決めかねていたころ、トレンドアドバイザー・おじゃP(マギー)が現れ、このまま「DASADA」を続けようと持ち掛ける。おじゃPの言う通りに続けていくが、どんどん無茶な要求をされついていくのが必死になっていく「DASADA」一同。
そんな中、新作のデザインが完成しない沙織(渡邉美穂)はどんどん追い込まれていく…

出典:DASADA | ストーリー – 日本テレビ

ネタバレ▼「DASADA」が大人気となり、ゆりあの実家の借金は完済できた。相次ぐ注文も、ある日、ゆりあの実家に現れたトレンドアドバイザー・おじゃPのおかげで順調にさばく。しかし、おじゃPにさらにランクアップしたデザインを求められ、沙織は疲れてしまう。服作りのノルマは達成するが、沙織は縫い目ののゆがみを指摘する。そんな沙織に、服作りを手伝う女子たちは反発。後日、ゆりあはおじゃPから新作お披露目の大きな機会を得る。10日後のそれに向け、大量の服を作ることに。沙織は、デザイン制作が進まなくなり、悩む。そんな中、沙織がスマホを見て急いで向かった先には、「FACTORY」のメンバー・おちょこが。沙織は、おちょこから「FACTORY」に入らないかと誘われる。

8話で最も驚いたことが2つあります。1つはTGCへのオファー、もう1つは沙織がFACTORYへ勧誘されることです。TGCについては、実際のショーとのコラボがあるようで素晴らしいアイディアだと思いました。どこまでドラマで使われるのか、見ものです。もう1つ、ラストの沙織の表情ですが、どうするのか気になって仕方ないです。

(30代・男性)

8話にも、卒業を発表した井口眞緒(とろろ役)で出演してくれたことが嬉しかったです。しかも、FACTORYがDASADATシャツを着ることになるきっかけを作った、張本人です。グループ内でも盛り上げ役ですし、ドラマでも盛り立て役として活躍してくれて大変うれしいです。彼女らしさが出てる8話でした。

(30代・男性)

8話のDASADAは物語の盛り上がりが最も大きい回だったと思います。借金返済完了や、TGCへのお誘い、ラストのFACTORYの勧誘など盛りだくさんでした。一方で、細かいネタが多々盛り込まれていたのも面白かったです。いわゆるオードリーネタや、『日向坂で会いましょう』ネタです。小出しにしている分、探すのも楽しいです。

(30代・男性)

DASADAの勢いすごいですね。佐田洋裁店の借金を女子高生が立ち上げたブランドDASADAで返済しちゃうんだから。そしてゆりあが皆へのお礼で催した食事会での真琴先輩の写真には笑いましたね。あれじゃ完全に遺影ですよね。そんな事知ったら真琴先輩ゆりあに激怒でしょうけど。とりあえず目標は達成できたDASADAメンバーこの先どう進むのか気になりますね。

(40代・男性)

沙織の完璧を求める姿勢は素晴らしいと思いますが、その性格ガ沙織自身を苦しめているように見えて心配になりました。やっぱり長所は短所にもなり得るものだと思うので、メンバーがそれぞれ足りない部分を補いあえる関係になればいいなと思いました。

(40代・女性)

第7話 2020年2月26日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、日テレ無料TADA!での配信はありません

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

ゆりあ(小坂菜緒)の親友・菜々緒(富田鈴花)と立花ちゃん(佐々木久美)は「DASADA」を立ち上げ後ゆりあとの距離を感じていた。特に菜々緒は、これまでずっと一緒にいたゆりあが何も話してくれなかったことが許せずに…
ゆりあ、沙織(渡邉美穂)、真琴(齊藤京子)、せれな(加藤史帆)、いちご(佐々木美玲)たちはデザカニ後、それぞれが自分の得意分野を活かしてブランド「DASADA」の売り方を考え奮闘していた。後輩の古岡五月(金村美玖)と五反田すみれ(上村ひなの)にも宣伝をしてみるが、なかなか上手くはいかないそんな状況の中でも楽しそうに過ごすゆりあたち。その一方で、変わり始めたせれなを荻原みき(潮紗理菜)と春澤くるみ(丹生明里)は心配をしていた。

出典:DASADA | ストーリー – 日本テレビ

ネタバレ▼デザカニに出店するために懸命に準備を進める佐田ゆりあ(小坂菜緒)たち「DASADA」のメンバーだったが、結果は商品が全く売れることなく散々な結果だった。しかし、デザカニ後も諦めず、岡田いちご(佐々木美玲)は姉のとろろのを使って宣伝するなど、メンバーそれぞれが商品を売ろうと奮闘する。そんな姿をゆりあが「DASADA」立ち上げ後、疎遠になってしまった菜々緒(富田鈴花)や立花ちゃん(佐々木久美)は目の当たりにし、菜々緒は自分の気持ちに整理がつきゆりあと和解する。また、せれな(加藤史帆)も数々の嘘がバレ、みき(潮紗理菜)やくるみ(丹生明里)と疎遠になっていたが和解する。そんなことがありながらも一向に売れる気配のない「DASADA」の商品だったが終了間際に急激な売れ行きを見せる。急激な事態に困惑する「DASADA」メンバーだったが、その原因はFACTORYのメンバーが商品を気に入り宣伝したためだった。今後の展開が気になるラストシーンだ。

第7話では、脇役組も目立った回だと思います。菜々緒(富田)とゆりこ(佐々木久美)がそうですが、特に菜々緒はゆりあ(小坂)に対する嫉妬・悲しみが顕著でした。一方で、すみれ(上村)と五月(金村)の不思議ちゃん具合もお笑いレベルです。割とシリアスな中に、二人のシュールな態度や言動がドラマを盛り上げていると思います。

(30代・男性)

デザインカーニバルで大失敗したDASADAのメンバーたちは、売上も伸びず、今後の望みも薄く、自然と仲間同士で口論になります。思っていたような注文がないまま時が過ぎ、試行錯誤を繰り返しますが、芳しくありません。そんな中、少し疎遠になっていた友人たちとの溝も埋まり始め、DASADAのメンバーは燃え尽きるまで頑張る決意を新たにします。そんな時、アイドルユニットがDASADAの服を着てくれるという嬉しい事件が起こります。暗かったトンネルから脱出できそうな明るい兆しが見えて、とてもいい回だと思いました。

(50代・女性)

ここ最近ゆりあとさおりが一緒にいることに少し嫉妬し、二人を避けていたななおとたちばながダサダの一員に加わったことが少し嬉しかった。服の売り上げが伸び悩んでいたが、3人組のアイドルがダサダの服を着てくれたことで服の売り上げが伸びてよかったと思った。

(20代・男性)

仲間たちとの距離を感じてから少しずつ疑心暗鬼に駆られていく集団での協力体制の難しさが描かれており、面白かったです。ただ、これからどう再びまとまっていくのかに注目しており、アイドルに詳しくなくても見られるのがよかったです。

(30代・男性)

真琴先輩は受験で抜けることになってしまって、個人的には寂しいけれど、菜々緒と立花ちゃんがゆりあと元に戻って、その上Dasadaを手伝うことになったのは良かった。ここまで人間関係の問題が多く、Dasadaというブランドがどうなっていくかの過程があまり見られなかったのが、今回の7話で一気に進んだ感じがして見てて楽しかったし気持ち良かった。菜々緒や立花ちゃんもそれぞれの得意分野で力を集結して、やっとブランドとして形になってきて、後は売れるだけという所まで見れたのが良かった。FACTORYが着用して注文が殺到し、佐田洋裁店にも人が押しかけるシーンで終わったので次が楽しみ。今回のようにこのままブランドメインのストーリーが続くといいなと思う。

(20代・女性)

第6話 2020年2月19日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、日テレ無料TADA!での配信はありません

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

「DASADA」を非難していた真犯人が岡田さん(佐々木美玲)だとわかり、怒りがおさまらない沙織(渡邉美穂)、真琴(齊藤京子)、せれな(加藤史帆)、その3人と岡田さんを不安そうに見つめるゆりあ(小坂菜緒)との話し合いの場は冷戦状態。
一同は、この騒動でブランド力を失った状況を脱却しようと、ファッションブランドの登竜門「U20デザインカーニバル」への出場をしようと考えていた。
しかし、沙織は父親が丑岡(野間口徹)だという事をDASADAメンバーに知られてしまい「もうここには居ることは出来ない」とゆりあとの距離を置き学校へも行かなくなる。
デザイナーを失ってしまい途方に暮れる中、「デザカニ」への出場を諦めきれないゆりあは、沙織を取り戻すために決意する。

出典:DASADA | ストーリー – 日本テレビ

ネタバレ▼

わちゃわちゃした学園ドラマとして観ていたのですが、今回は、泣きそうになりました。特に、雨に濡れながら、ゆりあが沙織に言った「泣いている時は逃げてる時」という言葉は、かつて彼女が沙織に言われた言葉です。屋上で初めて言葉を交わした第1回を思い出して、切なくなりました。こんなに演技が上手いとは思わなかったというのが正直な感想です。

「某S学園の男」こと、いちごが仲間になりました。そして沙織も戻っています。気になるのが、菜々緒でした。第6回の屋上のシーンで、菜々緒は何それ・・・と呟きながらゆりあたちを眺めていました。この時の表情に戦慄を覚えています。

次回予告でも菜々緒は「もういいってゆりあは」と投げやりになっています。菜々緒が、DASADAの新たな脅威になるのではないかと予想しました

やはりDASADAは一筋縄ではいかない、そう感じざるをえない第6話でした。沙織(渡邊)の離脱と、いちご(佐々木美玲)の頑な態度がそれを表してしていました。結果として、いちごは姉とろろ(井口)、沙織はゆりあ(小坂)の努力によってメンバーになる、戻ることになりました。一難去ってまた一難、応援したいドラマです。

(30代・男性)

第6話は、DASADAに新しい協力者が出来てよかった、安心したそんな回でした。SNSでDASADAを誹謗中傷したいちご(佐々木美玲)でしたが、姉とろろ(井口)の協力もあり、宣伝担当として新メンバーに加わりました。いちごの頑なさが不思議でしたが、単に羨ましくて素直になれなかったんだと青春を感じました。

(30代・男性)

『DASADA』第6話は、本作で最も面白かった、熱かった回だと思います。沙織(渡邊)が、父親の影響でDASADAを抜けざるをえなくなります。しかし、ゆりあ(小坂)は雨のなか、ずぶぬれになりながら戻ってくるシーンは、涙を誘いました。結果沙織は戻り、改めてDASADAが始動、感動する回でした。

(30代・男性)

あまり演技には期待して見ていなかったのですが、屋上のシーンには感動してしまいました。「泣いてる時は逃げている時」という言葉はゆりあにも沙織にも心に残る言葉に改めてなったと思います。青春だなぁーと思いました!

(30代・男性)

さおりちゃんのDASADAのデザインが最後と言っていましたが、その言葉に動揺しないゆりあちゃんがかっこよかったです。雨に打たれているところはわざとらし演出でしたが、さおりちゃんが自分の気持ちを親に言っていてスッキリしました。

(30代・男性)

第5話 2020年2月12日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、日テレ無料TADA!での配信はありません

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

担任・中池(坪倉由幸)に停学を言い渡されるゆりあ(小坂菜緒)と沙織(渡邉美穂)。
沙織はゆりあに「DASADAのことをチクった人がいる」と心当たりがないか考えるように言う。
天然なゆりあは、洋服を売ることであたまがいっぱいなため気にせずに教室で作戦会議を開くが、進学組の岡田いちご(佐々木美玲)は冷めた目でみていた。そんなとき、真琴(齊藤京子)にまた呼び出しされ、恐る恐る『壁ドン』で待っていると、真琴と一緒に訪れた人物に驚く。
その一方で「DASADA」を良く思わない人物がさらにSNSで「DASADA」を非難する内容が拡散される大騒ぎになっている最中、突然ゆりあたちの前にグラビアアイドル・とろろ(井口眞緒)が現れる…

出典:DASADA | ストーリー – 日本テレビ

ネタバレ▼佐田と沙織が停学と言い渡されたのは、学校では生徒同士の金品のやりとりが禁止されているためであったが、担任の先生が佐田は家が洋裁店で親の手伝いをしているというようなフォローをし、かばってくれたおかげでなんとか停学は免れた。せれなーで先輩が身につけているネクタイはフリマアプリで購入したもので、本当は今まで彼氏がいたことがないと真琴先輩が暴露したことで、弱みを握られたせれなーで先輩はダサダの服の宣伝をしてくれた。最後のほうのシーンで、佐田たちの秘密(佐田の家が借金まみれ、せれなーで先輩のネクタイがネットで買ったもの、沙織の私服がとてもダサい)がツイッターに流れてしまったことで、急激にダサダの人気がなくなってしまった。そしてその情報を流していたのはクラスでも真面目ないちごさんだった。

ゆりあ(小坂菜緒)と沙織(渡邊美穗)は、服の売買を巡って停学にされます。しかし実家の手伝いということで、停学は免れたあたり、ありきたりかなと思いました。一方で、岡田いちご(佐々木美玲)が密告した所で沙織が蹴るというシーン、女の戦い(実際のグループ)という感じで生なましかったです。また謹慎中の井口眞緒の登場は、非常にうれしかったです。

(30代・男性)

第5話はとにかく衝撃的でした。それ意外に言葉が思い付きません。その衝撃的シーンは最後の最後に訪れました。DASADAの悪口を広めていた犯人がインテリ女子の岡田いちごだということが明らかになると、沙織がぶちギレてしまいいちごを思いっきり蹴り倒してしまうのです。このシーンは誰にも予想できなかったのではないでしょうか。

(30代・男性)

第4話 2020年2月05日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、日テレ無料TADA!での配信はありません

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

小笠原真琴(齊藤京子)は、バレー部の後輩たちから厄介者扱いをされているが、直島正子(宮田愛萌)にだけ尊敬されているマロ女の努力家。そんな真琴は、なぜかゆりあ(小坂菜緒)をみつけると追いかけていく。逃げ回るゆりあは、沙織(渡邉美穂)から理由をちゃんと聞き向き合うように言われる。
そんな中、「DASADA」がブランドとして稼働し始めたころ思いがけない人から初注文が入り、気合い十分なゆりあと沙織。
しかし、ゆりあの親友・立花ちゃん(佐々木久美)と菜々緒(富田鈴花)に作るのを反対される。
立花ちゃんと菜々緒の助言で思い悩むゆりあが選んだ答えは…。

ネタバレ▼近日更新

ゆりあがマコトに追われているのがとても面白くてよかったです。ゆりあが後輩に助けられたのがとてもよかったと思います。マコトがゆりあの匂いを嗅いでいたのが笑えてよかったです。沙織がゆりあに怒っていたのが笑えてよかったです。

(30代・男性)

4話は斎藤京子ちゃん演じる小笠原真琴が大活躍する回になりました。DASADAブランドの服を佐田ゆりあと篠原沙織に注文して売り上げに貢献しましたし、バレー部を引退して実はいい先輩だった、ということが分かる流れになっていて、彼女が次回以降どういった影響力をドラマ内で演じるのかにも興味が出ました。

(30代・男性)

第3話 2020年1月29日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、日テレ無料TADA!での配信はありません

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

沙織(渡邉美穂)は父親のことを隠してゆりあ(小坂菜緒)とブランド「DASADA」を立ち上げた。どんなブランドにしようか悩んでいたゆりあは、マロニエ女学院で白鳥学園のネクタイを持ちトップに君臨し、かつモデルをしている高頭せれな(加藤史帆)とコラボしたいと提案。せれなは「自分にできることは協力する」と伝える。初めはせれなに協力してもらう事に抵抗があった沙織だったが、自分のデザイン画を褒めてくれた気持ちに応えたいと、デザインを考える。
その一方、せれなはトップモデル・マホぽよ(高本彩花)との撮影がうまくいかず思い悩んでいた。

パイセンがゆりあの悪い噂を流していたのがとてもビックリしました。パイセンが笑顔を作ることができなかったのがとてもビックリしました。ゆりあが悪口を言われていることに気づいていなかったのがとても笑えてよかったです。

(30代・男性)

ゆりあが沙織に怒られているのがとても笑えてよかったです。ゆりあが可愛いと自分で言っているのがとてもビックリしました。ゆりあ達が周りに笑われていたのがとても面白くてよかったです。ゆりあがすごく天然なのが笑えてよかったです。

(30代・男性)

第2話 2020年1月22日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、日テレ無料TADA!での配信はありません

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

沙織(渡邉美穂)に「一緒にブランドを作ろう」と誘うも断られたゆりあ(小坂菜緒)は、理由が「ダサい」という事にショックをうける。一方、沙織は大好きなクリエイティブアイドルユニットFACTORY【ぐいのみ(東村芽依)/おちょこ(松田好花)/トックリン(河田陽菜)】ファンのオフ会に誘われる。オフ会に行くも、沙織は同じFACTORYファンのキラリ(高瀬愛奈)にバカにされ、悔しくなり飛び出してしまう。その帰り道、公園でTシャツを売っているゆりあを見つける。ゆりあは、沙織とどうしてもブランドを立ち上げたいとお願いをする。そんな矢先、沙織はある事実を知る…。

日向坂46のメンバーが出演しているので可愛いけれど、謎の違和感を感じてしまっている「DASADA」。容姿は可愛いのにモテないゆりあがブランド立ち上げに一生懸命なのが可愛かったので今回も見てしまいました。それにしても「ダサい」と言う言葉は女子高生にとっては何よりもショックな言葉なんだなぁと感じました。後輩のすみれにも「顔推し」なんでとさらっとダサくても関係ないフォローがあったけど、トータルで自分というのを教えてあげたいです。とにかく沙織がやる気になってくれたのが良かったです。父親のこともあるけど自分が動くと何かが変わり始めるとは思うので頑張ってね。

(30代・男性)

沙織に一緒にブランドを作ろうと誘ったが断わられてしまい、ダサいと言われてショックを受けているゆりあを見て可哀想だなって思いました。沙織はアイドルユニットfactoryのオフ会に参加していて着ていた服をバカにされて怒っていて、せっかく選んだ服の文句を言うのは怒るだろうし悲しんでいると思います。まだ第2話で始まったばっかなんですがこれからも凄く楽しみです。

(30代・男性)

[/aside]

第1話 2020年1月15日(水)放送

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ▶︎ネタバレ

TVer、日テレ無料TADA!での配信はありません

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

容姿は完璧だが何故かモテない私立マロニエ女学院2年生の佐田ゆりあ(小坂菜緒)は、親友の立花ゆりこ(佐々木久美)と畑屋菜々緒(富田鈴花)と平凡な日々を過ごしていた。だがある日、実家の「佐田洋裁店」に借金の取り立てが来る。ゆりあは両親が大切にしている店を取られまいと、半年で1000万円を返済するという約束をしてしまう。
お金を稼ぐために仕事を探すも、なかなか見つけられずに途方に暮れ、落ち込むゆりあ。
そんな時、同じクラスの篠原沙織(渡邉美穂)の洋服のデザイン画をみつける。自分と沙織のデザインがあれば、半年で1000万円稼げる!と考えたゆりあは、沙織に「一緒にブランドを作ろう」と持ちかけるが…。

ネタバレ▼

主人公の佐田ゆりあは自分のことが大好きで可愛いと思っていて、進路に興味がなく決めれなかったのである。
そして、実家は古くから続く「佐田洋裁店」だが、全く流行っていなかったのである。
ある日の夜、親が借金取りに責められている姿を目撃するのである。
なんと父親が、贔屓の中華料理屋「七龍」の1000万円の借金の連帯保証人になっていたのである。
ゆりあは思わず飛び出し、借金取りに食ってかかり、その制服を見た借金取りはなぜか、借金の返済を半年待つと言うのである。
そして、ゆりあはバイトで稼ごうとするが、名案が浮かばずに屋上で泣いていたのである。
その時に同級生の篠原沙織が現れ、沙織がスケッチしていた服のデザインを見て、一緒にブランドを起こそうと提案するが、見事に断られてしまうのである。

なかなか面白かった。まず主人公の人物像がかなり好感をもてる。まさに王道なテンプレの主人公である。また背景描写も丁寧でありいつどこでのことがはっきりとわかるさらに俳優の演技力も高く聞き取りやすい。1話とは思えないクオリティーである。またopも神曲だ。今季のドラマでは一番面白い。このまま二話もこのクオリティーのままで

(30代・男性)

やはり最近の坂道シリーズのドラマは出来が悪いと思いました。
小坂菜緒さんが演じる主人公がチャラすぎて、世間を舐めているような感じがして、全く魅力的じゃないと思いました。
そして、アイドルのドラマでいきなり借金取りというのはあんまりな感じがします。
しかも連帯保証人で借金というのは夢が無さ過ぎる展開に思えました。

(30代・男性)

第一話を見てまず思ったのは、主役の小坂菜緒ちゃんがマジでかわいいという点です。ドラマの中で「私かわいいし・・・」と自分でつぶやくシーンがあるのですが、ホントにその通りなのでこのおかしくも何ともありません。ただ、「そうだよな、かわいいわぁ」って見ているこっちも思ってしまいます。バラエティ番組で彼女はあまり積極的に話をしないので、ドラマでたくさん彼女の登場シーンがあるのは今後2話以降も大いに楽しみです。

(30代・男性)

日向坂46のファンで、推しのなおちゃんが主演ということもあり楽しみにしてました。のっけからゆりあ、立花ちゃん、菜々緒の絡みはコミカルでとても可愛かったです。ゆりあの実家である佐田洋裁店で借金取りを追い返し、学校内では平静を装うも借金に対する不安から泣いてしまうシーンではつい自分も感情移入してしましました。借金取りから与えられた半年間の猶予でどうしていくのか、次回がとても楽しみです。

(30代・男性)

私は面白いと思いました。まだ出会いの部分だけなので、これからどうやってブランドを立ち上げていくのかが、楽しみです。個人的には沙織を演じている渡邉が演技も含めてうまいなと思いました。あと、加藤史帆があこがれの存在なのは納得ですし、キャラも本人にあっていてよかったです。演じている加藤も、さすが「かとし」だなと。自分の役割わかっているなと思います。1点残念なのが、小坂が顔面が可愛いのはわかりますが、制服しかほぼ出てこない学園物で、何が「ダサく」て、なぜ「モテない」のかがはっきりしないところです。この年代の子なら、どんなにバカでも、顔面偏差値だけでモテます。

(30代・男性)

Huluで無料視聴

Huluでの無料視聴のポイント

  1. Huluの2週間無料お試し体験に登録
  2. 「知らなくていいコト」の動画を視聴
  3. 無料お試し期間内に解約すると無料視聴できる
  4. 解約自由(違約金や日数縛りなどはありません)
  5. 解約は1分で終了

Hulu無料お試し登録

■STEP1 無料お試し体験への登録ボタンを押す

Hulu無料登録ボタン

■STEP2 必要な項目を記入

Hulu入力項目

■STEP3 支払い方法を選択して登録完了

Hulu無料トライアル開始ボタン

 

Hulu配信作品

Huluで配信している作品

■「日向坂46」関連作品

全力! 日向坂46バラエティー HINABINGO!

他にも多数配信中!
まずは無料登録↓

Hulu解約

Hulu解約の注意ポイント

  1. HuluのWEBサイトから解約手続き(アプリからはできません)
  2. スマホアプリを削除しただけでは解約にならない

Huluの登録・解約の方法詳細はコチラ↓

「DASADA」について

「私たちの青春は、夢であふれている。」
私たちは今も同じ夢を追いかけている。
“あの時、出会ったから-”
平凡な日々を過ごしていた私立マロニエ女学院の生徒たち。
ある日、クラスでも“ダサい”と評判の少女を中心に
ファッションブランド「DASADA」を立ち上げることに。

同じ目標に向かうことで築かれていく友情、そして叶えたい夢。
だが、夢をかなえるために奮闘する彼女たちの前に、
学園生活の中でさまざまな騒動が巻き起こっていく…。
「DASADA」を取り巻く学園青春群像劇が幕を開ける!

出典:DASADA|日本テレビ

キャスト(出演者)

小坂菜緒
渡邉美穂
齊藤京子
加藤史帆
佐々木美玲
佐々木久美
富田鈴花
潮紗理菜
丹生明里
東村芽依
松田好花
河田陽菜
金村美玖
上村ひなの
高本彩花
宮田愛萌
高瀬愛奈
井口眞緒
エゼマタ健太チャールズ
森谷勇太
池端レイナ
坪倉由幸
野間口徹
長谷川朝晴

スタッフ

企画・原作
秋元康
監督
河合勇人(かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~)西村了(ニッポンノワール-刑事Yの反乱-)
脚本
吉田恵里香(ヒロイン失格 花のち晴れ〜花男 Next Season〜)
制作
南波昌人
髙谷和男
プロデュース
植野浩之
プロデューサー
山王丸和恵
水田貴久
伊藤裕史(AXON)
コンテンツプロデューサー
横山祐子
制作プロダクション
AXON
企画制作
日本テレビ
製作著作
「DASADA」製作委員会

■ Hulu

  • 2週間無料お試し期間あり!
  • 解約は自由で、違約金や契約期間縛りなども一切なし!

まずは無料登録↑