「あやしいパートナー」の動画を見逃し無料視聴!【第1話〜最終話まで】

「あやしいパートナー」動画視聴

FODプレミアム

FODプレミアムでは2週間無料お試しキャンペーンを実施中!

初めて登録するユーザー限定で、2週間無料でFODプレミアムを利用できます

詳しくはコチラ

公式見逃し配信 配信状況
TVer ×
GYAO! ○(1話無料、2話以降220円/話)

TVerとGYAO!について

  • どちらも公式の見逃し配信サービス
  • 視聴できるのは放送中の新作ドラマの最新話のみ
  • 配信期間はTV放送終了後から1週間(原則)
  • 無料で視聴できるが広告が流れる

動画配信サービス 配信状況
FODプレミアム ◎(全話見放題)
Hulu ×
U-NEXT ○(1話無料、2話以降220円/話)
Paravi ×
Netflix ×
Amazonプライム ×

FODプレミアムについて

  • フジテレビ公式の動画配信サービス
  • 最新話に加え過去話も配信
  • 2週間の無料お試し期間あり
  • 広告配信もないのでストレスなし

■ 見逃し動画視聴まとめ

  • TVerでは配信なし
  • GYAO!では配信あり
  • 視聴するならFODプレミアム

「あやしいパートナー」のみどころはココ

ドラマ「あやしいパートナー」は、法廷を舞台としたラブロマンスコメディー

日本でも韓国でも大人気の超イケメン俳優チ・チャンウクさんと、次世代ラブコメ女王との声も高いナム・ジヒョンちゃんが主演を努めています。冷徹な鬼検事ジウクと、彼を痴漢と間違えてしまったボンヒが、うっかり一夜を共にしてしまうことから始まるラブストーリーです。

見所はやはりストーリー展開の面白さと、主演を務める俳優二人の演技の上手さと可愛さ

ラブコメではあるものの、ボンヒが予期せず巻き込まれてしまった殺人事件に絡めたストーリー展開がとても面白く、先が読めないドラマでとても楽しかったです。また、チ・チャンウクさんとナム・ジヒョンちゃんの演技の上手さが光る一作です。

みどころを書いた人

JUN

JUN

ドラマ歴25年。トレンディドラマやミステリー、恋愛、医療などあらゆるジャンルの作品を視聴。

各シリーズの動画視聴

第1話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第1話

司法修習生のウン・ボンヒは地下鉄の中で痴漢に遭う。偶然、隣にいた男を犯人だと騒ぎ立て、勘違いだとは気づかないまま濡れ衣を着せて電車を降りてしまう。ボンヒは同じ司法修習生で検察庁長の息子ヒジュンと交際していたが、匿名のメッセージで彼と他の女が一緒にいると知らされ、教えられたホテルに向かっていたのだ。到着するとヒジュンが他の女とエレベーターから降りてきたところだった。ホテルの喫茶コーナーでヒジュンに問い詰めるボンヒ。ヒジュンは誤解されるような関係ではないし、今もボンヒを愛していると言い放つ。実はボンヒは以前からヒジュンが浮気をしていることに気づいていたけど、認めたくなくて見て見ぬふりしていただけだった。言い訳して浮気をやめようとしないヒジュンに、最初にぶつかった男と寝ると啖呵を切る。そして最初にぶつかった男はなんと地下鉄の痴漢男だった。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第2話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第2話

ボンヒがコンビニで酒を買っている間に元カレのヒジュンが殺されてしまう。運悪く街中が停電にだったため防犯カメラは作動せず、コンビニでクレジットカードも使えない。店員はボンヒの顔など見えるわけもなく、アリバイなどどこにもない。第一発見者のボンヒが警察で取り調べを受けているとヒジュンの彼女ジヘがやってきて、殺すと歌っていた、ボンヒが殺したと騒ぎ立てる。ボンヒは歌っていただけだと否定するが、一気に犯人扱いされることになる。一方、職場で居眠りをしていたジウクは妙な夢を見る。あるお坊さん曰く、ジウクの人生で出会ってはいけない女性がいて、その女性に出会うと人生が狂ってしまう。けれどもそんな女性に出会うことになっていると。夢を確証するかのようにジウクはボンヒからの電話で驚くべき話を聞かされ…

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第3話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第3話

ジウクに告白しようと検察に向かったボンヒ。ところがジウクはちょうど検察を辞めて出て行くところだった。状況を察知して告白するのをあきらめたボンヒだったが、不眠症に効くというお茶を差し出す。ジウクにこれが最後だから話せと言われたボンヒは、自分が痴漢に間違えたことから検事を辞めることになってしまったジウクに謝罪し、ノ検事は自分のヒーローだと言い、自分の力で真犯人を捕まえると宣言する。そして、これ以上迷惑をかけられないから、自分には関わらないでほしいとジウクに告げる。ボンヒの家にやって来たヒジュンの父は、頭ごなしにボンヒを責め立てて拳を振り上げる。ボンヒがいくら否定しても一切取り合わず、今後もボンヒを苦しめてやると啖呵を切って帰って行くのだが……。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第4話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第4話

ボンヒはジウクに事務所まで送ってもらい、訳の分からない別れを告げる。ちょうどその頃、
真犯人らしき人がボンヒの事務所に侵入し、事件に関する書類をあさっていた。そこへボンヒが帰ってきたのだ。犯人が現れたことに驚いたボンヒはジウクに連絡してしまう。結局、真犯人を逃してしまったボンヒだったが、駆けつけたジウクが心配してくれることを喜ぶ。ジウクへの思いを断とう決めたことを思い出し、つれないジウクを突き放そうとする。そんなボンヒにジウクは犯人を一緒に捕まえようと言い、事務所での寝泊まりは危険だからと家に連れていく。ボンヒを家に連れてきて安心したのか、ジウクは不眠症が消え、会社に遅刻するほど眠ってしまう。上司に遅刻を祝われ、社会性を身につけろと注意されるが話が耳に入らない。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第5話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第5話

ジウクとボンヒが家を出ようとすると、門の前に女性が立っていた。一目で浮気されて別れた元カノだと察したボンヒは隠れるように家を出る。ジウクは元カノの登場に興味がない様子で、何を言われても冷淡なまま。そこへボンヒが彼女のふりをして現れる。訳の分からないことを言いながらジウクにしなだれかかるボンヒにドン引きするジウク。元カノは意外すぎる女性の登場に目を丸くしながら、以前ボンヒと会ったことを思い出す。妙なシチュエーションにジウクは戸惑い、元カノを無理やり追い返すとボンヒを連れて車に乗り込む。車の中でジウクはどういうつもりか問いただすが、ボンヒはお返しをしただけだと言うだけ。確かにかつてボンヒが検察で修習を受けていた時、元カレの前でジウクが彼氏のふりをしてくれたのだが……。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第6話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第6話

うっかり叱りつけて高校生たちとケンカすることになったジウクたち。傷だらけになって帰ったジウクを見てボンヒは消毒してあげることに。そのうちウトウト眠ってしまったジウク。そんなジウクを見ながらボンヒもウトウトしてしまう。崩れ落ちそうなボンヒの頭を、目を覚ましたジウクはそっと支える。目を覚ましたボンヒに誤解するなと言い放つジウク。翌日、ついに始動したジウクの法律事務所。代表ジウクの元に集まったのはボンヒ、ウニョク、パン係長、そしてなぜかいるかつての法律事務所のビョン代表だった。最初の案件は事務所の名前をどうするか。そして続くビョン代表の武勇伝。時々ジウクがぶち切れながら話し合いは続く。朝、ボンヒが部屋から出てくるのを目撃したビョン代表は、休憩時間にジウクにボンヒとの関係を問い詰めるが……。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第7話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第7話

思いがけずジウクの胸に飛び込み告白したボンヒ。しかし恋愛が怖いジウクは自分を好きになるなと突き放す。理由を問いかけるボンヒを黙って見つめるジウク。ジウクは心の中で自問自答を繰り返しながらも恋愛に踏み切れずに揺れ動く。そんなジウクの思いも知らずボンヒは涙を流しながら最後の思いを告げる。ジウクはボンヒが話を言い終えないうちに抱き寄せる。眠れない夜を過ごす2人……。翌朝、ジウクはキッチンに座りこんでいるボンヒを見て驚く。目が腫れたと言ってスプーンを当てるボンヒに、ジウクは冷たいタオルを用意しようとする。ボンヒは思いを断って気持ちの整理をつけるために優しくしないでほしいと頼む。そしてジウクを好きになる前にリセットすると宣言する。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第8話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第8話

ジウクは確信を持てないながらも1本の電話からヒョンスをヤンシェフ事件に関わっていると疑い始める。ジウクは皆のいる店に戻る途中、一足早く出てきたヒョンスを呼び止め一杯やろうと誘う。ジウクがヒョンスに家族構成や恋人の有無について聞きながら、全て親しくなるためのトークだとごまかす。翌日、二日酔いでうなるボンヒの元に男がやってきて薬を飲ませてくれた。ジウクかと思っていたが、よく見るとパン係長。事実を知って失望するボンヒを見て、係長はショックを受けて部屋を出て行ってしまう。ボンヒはジウクへの思いを止められない自分を責める。ジウクはパン係長にヒョンスを内密に調べるように頼む。依頼人だった男をなぜ調べるのか疑問に思う係長にジウクは確認したがるのは病気だと答え……。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第9話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第9話

ボンヒからのメッセージを見て慌てて駆けつけたジウク。ボンヒとのさまざまなことが脳裏をかすめながらジウクは知らないうちに自分の気持ちがボンヒに向かっていて、もう止められなくなっていることに気づく。ジウクの変化を受け止めきれないボンヒは戸惑いを隠せないまま部屋に入る。しばらくしてテーブルで話をする2人。ボンヒはもうジウクへの気持ちを整理したし、こんな事故みたいなことで揺れ動きたくないと言う。一時は苦しんだが条件のいい事務所に勤められて夢みたいで、振られて良かったと心から感謝する。そんなボンヒの話を聞きながらジウクは、恋愛を怖がってボンヒから逃げた過去の自分を後悔するが、何も言えないまま落ち込むしかない。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第10話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第10話

ボンヒがヒョンスと一緒にいると聞いて心配したジウクは、真犯人が捕まったから寄り道せずにヒョンスと一緒に帰ってこいと伝える。パン係長が不思議に思って意図を聞くと、ジウクはヒョンスを探ってみると言う。結局ヒョンスとユジョンを交えて食事をすることになり、ジウクとウニョクはヒョンスに探りを入れ始める。ヤンシェフ事件の容疑者コ鑑識官を知らないと話すヒョンス。ユジョンはヒジュンの事件の再捜査を命じられたことを明かしてしまう。再びコ鑑識官に話題が戻り、ジヌクは行方不明になる前に会う約束をしていたことを思い出し、ユジョンに遺体発見現場付近の監視カメラを調べるように言う。さらに女性に関連するトラブルや前科がなかったかも付け加える。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第11話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第11話

ウニョクはジョギングをするジウクを追いかけて一緒に走ろうと誘う。うとましがるジウクに永遠に一緒にいると絡むが、永遠に消えろと言われてしまう。ジウクの家に帰るとニヤリと笑って迎えるボンヒ。運動して汗をかいて帰って来た男2人を迎えるのが女のロマンだと喜ぶ。そんなボンヒの言葉を聞いて、ジウクは1人で十分だろと腹を立てるが、ボンヒは1人より2人のほうがいいとかわす。ボンヒはウニョクと笑顔を交わしながら朝ご飯まで一緒にと誘うと、ジウクは食事の支度を手伝えと強引に引き離す。一方、チョン・ヒョンスについて調べていたパン係長に、ジウクはチョン・ヒョンスが調べていることを知ってしまったので調査を中止するように頼む。パン係長は何だかしっくりしない様子で、コ鑑識官の写真を見つめる。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第12話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第12話

並木道でジウクに今すぐ自分を好きになってくれと言われて思わず涙があふれるボンヒ。家に帰って話をする。突然告白した理由を聞かれたジウクは流れる時間が惜しいと答え、今度はジウクが様子のおかしいボンヒに何があったのか尋ねる。はぐらかそうとするボンヒにジウクはチョン・ヒョンスのことか、一体何を知っているのかと聞く。そんなジウクの問いにボンヒは逆に何を知っているのかと聞き返す。ジウクはチョン・ヒョンスが殺人者ではないか、ただし根拠はなく、全て推測に過ぎないと答える。するとボンヒはなぜ全部知っていながら隠していたのかとジウクを責める。ジウクはボンヒの立場を考えて、全てはチョン・ヒョンスという事故で、2人で解決していきたいと言う。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第13話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第13話

刺されたパン係長に付き添い、ジウクは泣きながら救急車で病院へ向かう。チョン・ヒョンスへの怒りを抑えきれないジウクの元へ知らせを聞いたボンヒ、ウニョク、ユジョンが次々と駆けつける。気が動転してチョン・ヒョンスについてあれこれ話し出すジウクにウニョクは、ユジョンに捜査を任せてパン係長の手術を心配しようと言う。一方、ヒョンスはアルバイトを雇ってアリバイ工作をする。自分と同じ格好のアルバイトに絶対に話をせずにバイク便で配達をさせ、決してヘルメットを脱がずに監視カメラにできるだけ映り、周囲の様子を事細かに覚えておくこと。そして自分の携帯電話を使って連絡を取ってほしいと頼む。1人で病院を出ていったジウクを探すボンヒ。ベンチにいるのを見つけるとボンヒはジウクを抱きしめながら慰め……。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第14話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第14話

決定的証拠を突きつけられてバイクで逃げたヒョンスは検察とジウクに車で追われることになり、ついには車にひき逃げされてしまう。事故の後、ジウクは自分の車にユジョンを乗せて、ヒョンスの家にパン係長の血痕がついた包丁があると通報したのは誰か聞き出そうとする。なぜなら包丁のことを知っているのはウニョクとボンヒだけだからだ。しつこく問い詰めてもユジョンは匿名の情報提供者だと言うばかりで何も話そうとしない。そうした中、パン係長が動いたという知らせを受けてジウクは病院へ急行する。ところが他以外の人が見てもビクともせず、ビョン代表の見間違えだと医師までが言い出す始末だった。パン係長の回復を待ちながら、誰が包丁をヒョンスの家に戻したのか気になって仕方ないジウクは、ウニョクに鎌をかけるのだが……。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第15話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第15話

ボンヒの部屋にある父親の写真を見て、ようやく事態に気がついたジウク。写真の中の人物はジウクの両親を殺した犯人だった。何も知らないボンヒはいつものように振る舞うが、何だかジウクの様子がおかしいと感じる。その証拠に朝から平静を装って作ったジウクのごちそうは見た目だけで食べられた物ではなかった。一方、ユジョンは2年前の放火殺人事件について自白したイ・ジュンヘを呼び戻す。放火未遂事件の捜査中にイ・ジュンヘが自白したにも関わらず、冤罪が明らかになると検察の信頼が揺らぐため、上層部からの命令でそのまま返したのだった。しかし、真犯人を捕まえるべきだという信念の下、ユジョンは独断で呼び戻したのだった。ところがイ・ジュンヘは自白を覆すと言い出す。ユジョンは何とか説得しようと部屋を出たイ・ジュンヘを追いかける。その様子を偶然見ていたウニョクは、イ・ジュンヘをどこかで見たことがあると思い、ナ検事に尋ねる。ナ検事は放火の常習犯だと答えて去って行き……。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第16話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第16話

ジウクの両親の事件で父親が無実の罪を着せられたと知ったボンヒは、ジウクとの別れを決心する。全てを知っていながらジウクは構わないと言うが、ボンヒは全てが嫌だと言って家を出てしまう。ジウクの元に帰れないボンヒは、なぜかナ検事の家に転がり込む。当然、ナ検事に他の人の家に行くように言われるが、ボンヒは“好きな人の所に行くと迷惑をかける”が“嫌いな人の所なら復讐と懲らしめになる”と開き直る。翌朝、たかだか37度の熱で具合が悪そうにうなるボンヒを見て、ナ検事は大げさだと一笑する。そこへジウクから会議時間変更の連絡が入る。ボンヒはつらい体を引きずりながら事務所へ向かう。事務所にはジウク1人で、ボンヒは辞職届を渡して帰ろうとする。そんなボンヒにジウクは休暇を与えるから公私の区別をつけてゆっくり考えてみろと言う。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第17話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第17話

チョン・ヒョンスの病室へ様子を見に行ったボンヒ。ちょうどパン係長に報告をして電話を切ると、意識を取り戻したヒョンスが立っていた。しかしヒョンスは記憶を失い、ボンヒのことも覚えていない。パン係長から知らせを受けたジウクは急いで病院へ向かうが、ユジョンたち検察よりも一足遅く到着する。検査を受けるヒョンスを待つボンヒとジウクの元にユジョンがやって来て、今日はヒョンスと話をすることはできないと言われてしまう。病院を出るとボンヒは居候しているナ検事の家に向かうためバスで帰ると言って、送っていくというジウクの申し出を断る。バス停でバスを待つボンヒの前を車で通り過ぎるジウク。ジウクの脳裏では遠い昔の記憶が徐々に鮮明になっていき……。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第18話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

屋根部屋のお隣さんはアイツ

チョン・ヒョンスが病院を抜け出そうとしていると直感したジウクは慌てて引き返すが間一髪のところでヒョンスを逃がしてしまう。すぐにユジョンに連絡するが、ヒョンスに殴られて意識を失っているため捜査官が電話に出る。知らせを聞いたウニョクは急いで病院に駆けつける。ベッドの上で痛々しく横たわるユジョンを見てウニョクは騒ぎだし、ジウクに軽い脳しんとうだと聞いてさらに騒ぐ。そこへユジョンが目を覚ます。チョン・ヒョンスが逃げたことを受けて、少しずつでも記憶が戻ったと考えたジウクは何が起こるか分からないから、しばらくの間ボンヒに家に戻ってほしいと頼む。まだ気持ちの整理がつかないボンヒは気をつけるから心配ないと断ってしまう。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第19話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第19話

別室でチョン・ヒョンスの自白を聞いていた地検長は、秘密裏にヒジュンの殺害現場にヒョンスを連れていってしまう。かつてボンヒが住んでいたマンションは再開発のために廃れ、誰もいない部屋でヒョンスは13年前の事件について地検長に語り始める。その事件の担当検事が地検長で、加害者の中に金持ちで権力者の子供たちがいたため親たちが裏で手を回して釈放させたというのだ。胸騒ぎがするジウクと地検長からの謝罪が引っかかっていたボンヒは、ユジョンから地検長とヒョンスの行方が分からなくなったと聞いて、ボンヒが住んでいたマンションに向かう。部屋には地検長1人が凶器を持って呆然としているだけで、ヒョンスの姿は消えていた手錠をかけたままのヒョンスが短時間で遠くへ逃げられないと踏んだジウクはすぐさま追いかけるが……。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV


第20話

▶︎公式動画▶︎動画共有サイト▶︎公式あらすじ

※TVerでの配信はありません。

※Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、9TSUなどでは配信なし。

第20話(最終話)

誰もいない法廷で1人たたずみながら、様々な出来事を振り返るボンヒ。そこへジウクが現れて駆け寄る。幸せな思いもつかの間、ふとモーニングキスを避けられたことが頭をよぎり、突然ジウクの元から逃げ出してしまう。ボンヒは幸せが近づくと事が起きるので、これ以上ジウクとつきあうことを恐れていた。これからどうするべきか週末の間ソファに寝ながら悩み続けてボンヒに、ナ検事はいいかげんシャワーを浴びてソファから離れてほしいと懇願する。そんな2人の元にジウクがやって来る。何度電話を掛けても取らず、ボンヒと連絡が取れなかったからだ。ジウクはボンヒを連れ出して話をする。ボンヒが正直に気持ちを伝えると、ジウクはボンヒと別れることのほうが怖いと言って、結局2人はつきあうことになる。

出典:『あやしいパートナー』|KNTV

FODで無料視聴

FODプレミアムでの無料視聴のポイント

  1. FODプレミアムの2週間無料お試し体験に登録
  2. 「あやしいパートナー」シリーズの動画を視聴
  3. 無料お試し期間内に解約すると無料視聴できる
  4. 解約自由(違約金や日数縛りなどはありません)
  5. 解約は1分で終了

FODプレミアム無料お試し登録

■STEP1 無料お試し体験への登録ボタンを押す

FOD無料2週間

■STEP2 Amazonアカウントの情報を入力

FODアマゾンアカウントログイン

■STEP3 最終確認をして登録完了

FOD確認画面へ進む
FOD配信作品

FODで配信している作品

■「チ・チャンウク」関連作品

ヒーラー最高の恋人

THE K2~キミだけを守りたい~

ペク・ドンス

■「ナム・ジヒョン」関連作品

マイリトルベイビー

ショッピング王ルイ

家族なのにどうして~ボクらの恋日記~

■「チャンソン」関連作品

7級公務員

僕は彼女に絶対服従~カッとナム・ジョンギ~

七日の王妃

他にも多数配信中!
まずは無料登録↓

FODプレミアム解約

FODプレミアム解約の注意ポイント

  1. FODのWEBサイトから解約手続き(アプリからはできません)
  2. スマホアプリを削除しただけでは解約にならない

FODプレミアムの登録・解約の方法詳細はコチラ↓

「あやしいパートナー」について

チ・チャンウク×ナム・ジヒョン共演!
キミは僕の、悪縁?運命?イケメン検事と新人弁護士が繰り広げる法廷ラブコメディ!

チ・チャンウク演じる全てが完璧ながら冷血なエリート検事ジウクがナム・ジヒョン演じる冤罪事件に巻き込まれた司法修習生のボンヒを助けたことから人生が急展開!2人が弁護士事務所のパートナーとなって恋に仕事に名コンビっぷりを発揮します。ロマンティックなラブシーンの数々が韓国でも大きな話題に。

これまで時代劇やアクションなど幅広いジャンルで活躍してきたチ・チャンウクがラブコメで魅力全開!

『ショッピング王ルイ』での好演が記憶に新しいナム・ジヒョンがキュートさはそのままにジウクへの切ない想いに揺れるボンヒを繊細に演じます。ボンヒの元彼役で2PMのチャンソンも特別出演!

出典:『あやしいパートナー』|KNTV

キャスト(出演者)

ノ・ジウク
演 – チ・チャンウク

ウン・ボンヒ
演 – ナム・ジヒョン

チャン・ヒジュン
演 –  チャンソン(2PM)

チ・ウニョク
演 – チェ・テジュン

チャ・ユジョン
演 -クォン・ナラ

ナ・ジへ
演 – キム・イェウォン

原作・主題歌など

脚本
クォン・ギヨン 「君を憶えてる」「ボスを守れ」

演出
パク・ソンホ「テバク〜運命の瞬間(とき)〜」「青い海の伝説」/チョン・ドンユン

制作
SBS


■ FODプレミアム

  • 2週間無料お試し期間あり!
  • 解約は自由で、違約金や契約期間縛りなども一切なし!

まずは無料登録↑